June 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

『poroco』2019年2月号に掲載

札幌のタウン誌『poroco』 2019年2月号にMaltheadsの記事が掲載されています。

https://www.poroco.co.jp/magazine/pickup/

 

 


 

札幌では大変影響力のあるこのタウン誌の取材は、3年ぶり3回目。大きな記事としては実に5年ぶりです。大変光栄です! (すっかり新しい人気店に囲まれて「老害」のようになってます・笑)

 

過去の「poroco」記事はこちら

 

「自由で、楽しい!お酒」特集、クラフトビールの記事です(p37)

p36のクラフトビールの扉写真も、当店での撮影です。中身は Lost Coastの「NEW ENGLAND HAZY IPA」です。

 

ぜひ書店・ネットショップでお手に取りください!

「poroco」2016年11月号 クラフトビールの解説監修

札幌のタウン情報誌「poroco」2016年11月号 「女子のためのお酒案内」特集

クラフトビールについての解説を監修いたしました。

 

http://www.poroco.co.jp/porocow/new_poroco/index.php

 

用語解説、ビアスタイルマップ、ペアリングなどについて、基本に忠実に、かつ少々意外かもしれないことを簡潔にまとめて解説しております。
 

とくにスタイルマップについては、力を入れております。ぜひご覧ください。(男性の方も!)

 

『poroco』2014年12月号に掲載

poroco』12月号に載せていただきました。



札幌グルメ10大ニュースの「自然派ワインとクラフトビールがアツイ!」の方だけかと思いきや、なんとまぁ二重の扱い。「NEW SPOTが続々オープン」ということで、当店の「大洋ビル」がピックアップされていたのでした。

年表形式の記事になっていて、このビルの歴史をいまさらちゃんと確認。最初が茶月斎さんだったのはなんとなく知っていたのですが、次のkitchen nestさんとの間に半年も空いていたんですね(ちなみにnestさんは、当店と同じデザイナーの方が内装を手掛けています)。

ちょうど2年前の今頃、「テナント募集」の張紙を見て事務所に行ったのが始まりでした。居抜きではないことがわかったその時点で、この場所での開業は無理と判断しました。ところが「ビールとウイスキーの専門店をやるつもりなんです」というこちらの言葉に興味を持ってくれたのが、大洋ビルの方々。「資金がないのは分かりましたが、いろいろと策を練ってみてはどうですか?」と相談に乗っていただきました。そして、開店。大洋ビル側の厚意と熱意がなければ、このお店はまだなかったかもしれません。今でもとても感謝しています。

実際このビルの飲食店には、「ハズレ」がありません。どのお店も素晴らしいお店ばかり(そんな中に自分ごときがいるのが^^;)。お店のジャンルも被らないのがスゴイ。テナント側と店舗側が手を取り合っています。そんなとてもいい環境に入れたのは、好運以外のなにものでもないでしょう。

ぜひ2階の方でお腹を満たして、〆で地下まで下りてきてくれれば。オススメです。

大洋ビル サイト http://www.taiyobld.com/
pagetop