September 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

湘南ビール x バーンサイド (コラボレーション) さくらゴーゼ 樽生

湘南ビール x バーンサイド (コラボレーション)

さくらゴーゼ 樽生 (神奈川県 x アメリカ・ポートランド)

 

今年7月、アメリカ・ポートランドで日本のブルワリーとがコラボレーション(共同製造)したビール。神奈川県の湘南ビールとバーンサイド醸造所のビール。日本には極少量しか輸入されなかったうちの1本を、サッポロ・クラフト・ビア・フォレスト実行委員の縁もあり(湘南ビールは3年連続参加)特別に分けていただきました(ありがとうございます)。

 

桜の花びらの塩漬けを使った和洋折衷なコラボビール。桜餅のような香りを持ち、爽やかな酸味とかすかな塩味があります。全体的には、まるでシャンパーニュを思わせる繊細な味にまとめられています。

 

アルコール 4.5%  スタイル:ゴーゼ (※ドイツ・ライプツィヒ発祥。原料に塩を使うスタイル)

 


今回のビールは、Beer Cellar Sapporo さんのご厚意で提供いたします。

 

 

 

ノースアイランド・カミフ100ラガー樽生 開栓

ノースアイランド・カミフ100ラガー樽生 開栓です。

(江別市)

江別市のノースアイランドの限定ビール。

2016年産 (9月収穫)「上富良野産 カスケード」ホップを100%贅沢に使用しています。

ホールホップならではの華やかな香りはもちろん、ホップの苦味もしっかりと感じられるラガーです。

 

アルコール 5.0%  スタイル:ペールラガー IBU:60

 

 

コアリション・ピノ・エイジド・セゾン 開栓

コアリション・ピノ・エイジド・セゾン 樽生

(アメリカ・ポートランド市)
 

姉妹都市ポートランド、コアリション醸造所のクラフトビール。

軽く酸味のある「セゾン」スタイルのビールです。ワイン樽で熟成させています。

 

嫌味のある酸っぱさではなく、軽くさわやか。熟成感によるしっかりとした余韻もあります。

 

 

アルコール6.0%  ビアスタイル:セゾン

 

 

サッポロ・ザ・パーフェクト・クラシック 樽生 

サッポロ・ザ・パーフェクト・クラシック 樽生 久々に繋ぎます。

パーフェクト・クラシックとは? 

サッポロビールが公認する「完璧」なクラシックのことです。
グラス洗浄・ビールサーバー管理・注ぎ方などについて覆面調査をパスした店舗にのみ認定されます。

ビール自体は通常流通品と同じです。しかし他と「同じ」かどうかは飲んで確かめてください!

 


アルコール5.0% 使用ホップ:ザーツ

ノースアイランド・カミフ100 ペールエール樽生 開栓

ノースアイランド・カミフ100 ペールエール樽生

 

江別市のノースアイランドの限定ビール。

2016年産 (9月収穫)「上富良野産 カスケード」ホップを100%贅沢に使用しています。

ホールホップならではの華やかな香りはもちろん、ホップの苦味もしっかりと感じられるペールエールです。

 

アルコール 5.4%  スタイル:ペールエール IBU:30

 

昨年比でIBUが10少なくなっています。今年の北海道は台風の被災があり、その影響なのかもしれません。

IBUを落としている分だけ、モルトとのバランスがうまく取れています。

 

帯広・フランボワーズ 〜1年熟成ver. 樽生開栓

帯広・フランボワーズ 樽生開栓です。

 

 

「さっぽろオクトーバーフェスト」で繋がったときはわずか1日で打ち抜かれたのをはじめ、札幌市内でも人気を得てきているビールです。

 

今回開栓したのは、醸造所で眠らせていた1年熟成バージョンです。先日お伺いしたのが縁で、最後の1本を分けていただきました。

 

ラガービールをベースとした、木苺(フランボワーズ)のビールです。十勝・ときいろファームの木苺を使って、ベルギーの伝統的な製法で丁寧に醸造されています。

木苺のフルーツ感や酸味と、ビールの爽やかさとが絶妙にマッチしたビールです。「地」の素材を効果的に使っている、これからの世代の「地ビール」です。



 
醸造長の十河(そごう)さんより収穫時の写真をいただきました。





こちらは、帯広の「ヤムヤム旅新聞」さんによる、このビールのステキなデザイン画です。
http://www.tyy.co.jp/?p=3730

滝川 空知ヴァイツェン 樽生

滝川 空知ヴァイツェン 樽生 開栓です。
 

 

2015年10月操業開始の滝川のクラフトビール。旭川・大雪ビールの第2工場で、空知支庁内唯一のブルワリーです。

 

「ヴァイツェン」は小麦麦芽を使い、苦みが少ない白く濁ったビール。ドイツ・バイエルンのスタイルを忠実に再現しています。

 

アルコール5.0%  スタイル:ヴァイツェン

 

はこだて社員の出世するビール 樽生 開栓

函館・赤レンガ倉庫街にあるクラフトビール。

従来はビターとして造ってきていましたが、最近はバッチごとにホップの効かせ方を変えているそうで、今ヴァージョンはアルコール度数を押さえた「セッションIPA」スタイルのビールです。

 

この変わったネーミングは、同社の人気ビール「社長のよく飲むビール」(バーレイワイン)から取られています。

 

アルコール4.5%  スタイル:セッションIPA

 

 

マーク・メリ『日本のクラフトビールのすべて』でも、なんとなく(笑)褒められていましたが、氏の揶揄するところの「アルト・ケルシュ症候群」から自ら抜け出そうとしている気概を感じます。今後の動向が注目されるブルワリーです。

サッポロ・ヱビス マイスター 樽生

サッポロ・ヱビス マイスター 樽生

(サッポロビール)
 

ヱビスを知り尽くした全ビール工場と本社の総勢50名を超える技術者(匠)が結集し、厳しい品評を重ねることで、「ふくよかな薫りと研ぎ澄まされたコク」を実現したヱビスの最高峰を造り上げました。

 

モルト味が少し濃い、香りのクリーンなエキスポートスタイルです。

 

 

アルコール5.5%  使用ホップ:ハラタウトラディション               

 

ティルカン・グーズ 樽生(道内初)

ティルカン・グーズ 樽生 (ベルギー)
 

2009年創業、最新のランビック・ブレンダー「ティルカン」。

グーズ・ランビックは通常瓶内で発泡させますが、これはなんと樽詰めのグーズです。北海道初開栓の一樽です。

グーズとしてはモダンでスタイリッシュな酸味。その裏側に柔らかい麦芽の甘みがあります。

 

アルコール4.8%  スタイル:グーズ・ランビック

 

 

<<back|<234567891011>|next>>
pagetop