January 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

イギリスビール

映画「ワールズ・エンド」スタンプラリー効果のせいか、最近イギリスビールに注文が入ります。

エールの本場の国イギリス。実は、店主が一番好きなビールの国です。
これまでは本当に人気がなくてガッカリしていたのですが、これを機に少しずつ認知が広まればいいな、と思います。

イギリスのビール/パブの話でしたら、たっぷりとできますよ。

ゲストビール 2014/04/29

ゲストビール更新。
ボトル版の「志賀高原スーパーニガーイ」、「アインベッカー・マイ・ウア・ボック」など入荷です。


 

札幌と広島をビールで盛り上げる

広島から来たというお客様が、当店の「札幌を日本のビールの首都に!」というフレーズを見て「広島でも同じことを言っている人がいますよ」と言うので、この店の話を伺いました。

「ビールスタンド 重富」
http://sake.jp/beer_stand/concept/

「札幌をビールの首都に」と「広島をビールで元気に」とではニュアンスはちょっと違いますが、非常に共感しました。ビールで街を活性化したい、と考える方はやはりどこにでもいらっしゃるのだと、励みになりました。
しかし自分もこのくらい徹底してやらないとダメなんだろうなぁ…。




それにしてもこのお店、メニューは4種類の「注ぎ方」だけだとか(ビールはアサヒの生らしい)。こういうお店があるから、自分の注ぎ方なんでまだまだ甘い、と痛感せざるを得ないのです。

サッポロ・クラシック 開栓

GW突入しましたが、相変わらず営業しております。少なくとも4日までは、休みません。
樽生が「サッポロ・クラシック」となりました。最近、ビールの注ぎ方が少し「わかってきた」というか、自信をもって注げるようになってきた実感があります。お試しくださいませ。

本日も営業です、が

今日は早い時間、「パンとビールのマリアージュ」のイベントをやっています(すでに定員)。
http://maltheads.jugem.jp/?cid=5


お店は18時より通常通り営業ですが、早い時間は(いつもと違って)お席が少ないかもしれません。よろしくお願いします。
 

ゲストビール 2014/04/26

ゲストビール、少し変わりました。

「ハギス」を作りました。

珍しくフードのご案内。
スコットランドの郷土料理「ハギス」を作りました。スコッチウイスキーといえばハギス、ハギスといえばスコッチウイスキー。

ちゃんと羊の臓物を使った本格的なものです。狂牛病の関連で現地のものを手に入れるのは難しく、自分で作って再現するしかないのです。
誰もが美味い!という料理ではありませんが(笑)、スコットランドで食べたときの味はかなり忠実に再現できていると思います。モルトと合う、ということは、今の樽生へレスとも必然的に合います。
あまり量はありませんので、食べたい方はお早目に!(※レギュラーメニューではありません)

ハギスについて → http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%82%AE%E3%82%B9


 

小樽へレス 開栓

小樽へレス開栓しました。
かつてマイケル・ジャクソン(踊らない方)も絶賛した、春季限定のお楽しみビール。春ですね〜。



 

雑誌「ビアびより」 掲載 

4月17日発売「ビアびより」p69で、坂巻のコメントが紹介されています。
https://www.enterbrain.co.jp/product/mook/mook_life/215_other/13297701.html

ビールにワイングラスを使うことの意義について、意見を出しました。ぜひ、書店でお手に取ってください。
(お店で読むこともできます)

サッポロ「まるごと国産」


サッポロ「まるごと国産」を入荷しました。首都圏限定販売なのですが、札幌で販売するのは、当店くらいのものでしょう(笑)。

日本のビールとしては大変珍しい「国産原料100%」ビールです。埼玉産大麦「彩の星」と富良野産ホップ「リトルスター」を使っています。
すごくモルトの味が明確です。大手のビールでこんなに明確に感じられるものは、久々に飲みました。なので、味も甘さ(穀物的な)をしっかりと感じられます。
ホップの「リトルスター」は、最近の黒ラベルにも使われているホップです。ドイツ風の、おなじみの安定感のある香りです。
 
<<back|<4647484950515253>|next>>
pagetop