March 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

映画『ワールズ・エンド』公開記念「酔っ払いスタンプラリー」参加

本日封切りの呑兵衛映画w「ワールズ・エンド」公開記念、「酔っ払いスタンプラリー」の札幌版に、Maltheads も参加させていただきました。
映画を見てスタンプを集めると、ステキな賞品が!
スタンプカードは、お店でもお配りしてますので、どうぞお気軽にお尋ねください。




千歳ピリカワッカ・ペールエール 開栓


今日は貸切のため20時オープンとなります。ご注意ください。
今日から新樽生。「千歳ピリカワッカ・ペールエール」開栓です。

4月18日(金)20時開店のご案内

明日の金曜日、20時まで貸切となります。20時からオープンです。ご注意ください。
http://maltheads.net/info/634572

 

札幌を"日本のビールの首都"に!





「札幌を"日本のビールの首都"に!」のコンセプトページを作成しました。
http://maltheads.net/photo/album/217058

最新トラピストビール


トラピスト修道院製造のものだけが名乗ることを許される「トラピストビール」。
ベルギーに6か所、オランダに1か所、と言われてきましたが、最近オーストリアのエンゲルスツェル修道院のビールが、正式に販売されるようになりました。
「グレゴリウス」を入荷しました。アルコール9.7%のストロングダークエールです。
 

今日のチーズメニュー


「ヤング・ミモレット」…ミモレットとは、フランス語で「半分柔らかい」という意味で、日本では熟成したハードタイプのものが多いですが、今回のミモレットはまさに少し柔らかなミモレットです。風味と触感をお楽しみください。

ウオッシュチーズに、フランスの「マンステール」、ブルーチーズにイタリアの「ゴルゴンゾーラ・ピカンテ」を入荷しています。どちらもそれぞれの味の強みがあるタイプのチーズです。

また、道産チーズに、新得共働学舎の白カビチーズ「コバン」と、セミハードタイプの「ふらのチーズ」を入荷しました。





 

開拓使醸造所 見学してきました


先日の休店日、ファクトリー(北2東4)の「開拓使醸造所」を見学してまいりました。
オープン設備ですが、今回は特別に内部を見せていただきました。

札幌市内で2か所しかないクラフトビール醸造所のうちの1件です(もう1か所は薄野地ビール)。
サッポロビール直営ですが、独立した会社のため、自由にビールを造ることができます。

 
普段は「ピルスナー」「アルト」を造り、現在の限定醸造は「小麦(ヴァイツェン)」を造っています。この日は、苗穂のサッポロビール園限定のビール「ファイブスター」を造っていました。

1度の仕込み量は1800リットル。大手ビールと比べたら極小なのですが、クラフトビールとしてはそこそこの規模です(もっと小さいところも多い)。
コンパクトな規模ながらも、サッポロビールの技術力を持っている、大変優秀なクラフトビールです。

Maltheads でも「アルト」と季節限定ビールをレギュラーとして取り扱っています。札幌市内でも現地以外ではなかなかお目にかかれないビールです。醸造者の熱い気持ちなどもお聞かせできますので、「クラフトビール好き」こそぜひ当店でお楽しみください。





 

ブレークサイド・ウッドラーン・ペールエール 樽生 開栓です。


ブレークサイド・ウッドラーン・ペールエール 樽生 (アメリカ・ポートランド) 開栓です。
札幌の姉妹都市、ポートランド市のブレークサイド醸造所。4種類のホップ(モザイク、センテニアル、ニューポート、カスケード)を使ったアメリカン・ペールエールです。5.2%。

何杯もいける気軽さが売り!

 

SCBF2014 ポストカード

サッポロ・クラフト・ビア・フォレスト2014の告知ポストカードができました。
お店でお配りしています!


 

今日のチーズメニュー

今日のチーズメニューです。
「ドーファン」がいろいろなビールと合います。
それから、スモークチーズと、現在の樽生「SMOnKEY ラガー」との相性もバッチリ!
 
<<back|<45464748495051>|next>>
pagetop