June 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

【Maltheads Beer Session】vol.3 (ビア・セッション) 開催報告

5月18日に行われた、【Maltheads Beer Session】vol.3 (ビア・セッション) 開催報告です。



 

当日のリストです。

参加者の方が、ブログ記事にしてくださいました。こちらもご参照ください。
http://etpirika2006.blog71.fc2.com/blog-entry-897.html

 「Beer Session」は今後も不定期でいろいろなテーマで行います。また皆様のご参加をお待ちしております!



 

チーズ新入荷

チーズメニュー変わりました。


おすすめは、イギリスの「ビーコンフェル・トラディショナル・ランカシャー」。
繊細な酸味、バタリー(バター的)で複雑なコク。イギリスビールによく合います。

トラディショナルなチェダリング工程に加え、一晩寝かせた前日のカードと当日のカードを混ぜる特殊な製法。
1996年にEUの統一認定のPDO(原産地統制保護呼称)が施行されてこの名前で登録されました。

「びあけんマスターズ」で紹介されました

合格率4%、「ビール検定1級」合格者の声、「びあけんマスターズ」で紹介されました。臆することなく(笑)実名です。
1級合格者で飲食店勤務は、自分だけだそうです。
http://www.beerken.com/master/20140519_486/

ハニー・マテ・ラガー 開栓中

明日は、セミナー開催のため、Maltheads店舗はお休みです。

全国限定2樽、ブレークサイド「ハニー・マテ・ラガー」開栓中です。明日飲みたくても飲めませんですよ。(月曜ならOK)

ハニー・マテ・ラガー樽生 開栓

「ハニー・マテ・ラガー」を開栓しました。日本で数樽だけの限定品。

札幌の姉妹都市、ポートランドのブレークサイド醸造所のビール。
ローストしたマテ茶とクローバー蜂蜜を使った、クリスピーなラガービール。5.8%。

サッポロ・クラシック樽生 開栓

樽生が「サッポロ・クラシック」となります。

現在、注ぎ方の研究中。かなりいいところまでは行っているのですが、あと少しが難しい!(>_<)o
もちろん、普通に飲んで通常よりも充分おいしいレベルですので、たくさん飲んでくださいませ。


 

マウスパッド

家を掃除していたら発掘しました。アイラ島のラフロイグ蒸留所で買ったマウスパッド。

大好き
{間はない!}
大嫌い

その通り!(笑)

もう1枚の方は、ロンドンへ行ったことある人ならニヤリとするはず。 ( ̄ー+ ̄)



※MIND THE GAP … 「段差に注意」。
ロンドンのチューブ(地下鉄)で駅に着くたびに流れるアナウンスです。
100年以上前からある駅のホームは高さが低く、地下鉄車両との間に大きな段差ができているためです。
なお、赤丸に青線という、日本でもたまに見かけるこのデザインは、ロンドン・チューブの意匠です。
 

SCBF2014ポスター

新しいMORI君がお出迎え!
SCBF2014ポスターできました! ご希望の方、差し上げます(B2サイズ)。

セゾン・ア・フルール樽生開栓

「セゾン・ア・フルール」樽生を開栓しました。
日本で数樽だけの限定品。札幌の姉妹都市、ポートランドのウィドミア・ブラザーズ醸造所創業30周年記念に造られた、ブレークサイド醸造所とのコラボレーションビール。
6.7%のセゾンビールスタイル。キク、ジャスミンと四川コショウ(花椒)の実を使っています。ビール名は「花の季節」という意味です。そういえば、ポートランドはバラの街。


 

アインベッカー・デュンケル・ボック入荷

「アインベッカー・デュンケル・ボック」(写真左)入荷しました。
ドイツ北部、アインベックの街のビールです。ドイツビールでアルコール度数の高い(正確には麦汁濃度の濃い)ビールのことを「ボック」といいますが、そのボックはアインベックが訛ったもの、という説が有力。つまりボックビールの本家です。

すでに入荷していた「マイ・ボック」(右)と別で、色の濃い(デュンケル)なビールです。
伝統的なスタイルのボックビールです。

<<back|<43444546474849505152>|next>>
pagetop