August 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

チーズ新入荷

久々にチーズメニュー。
アメリカの「アニバーサリー・チェダー」がオススメです。オレゴン州ローグ醸造所とのコラボレーションチーズです。ブラウンエールが使われているそうです。

ピリカワッカ・レッドエール 開栓

千歳ピリカワッカ・レッドエールを開栓しました。

千歳の名水を使って仕込むピリカワッカビールの季節限定ビール。麦芽の赤みがかった色が鮮やかなレッドエール。カスケードホップを使用し、ピリカワッカならではのクリーン感とホッピーさのバランスが取れた爽やかなビールです。


大雪地ビール「氷点」入荷

一昨日の休みは旭川へ「研修」へ。そのお土産、大雪地ビールの「氷点」を仕入れてきました。
三浦綾子の小説「氷点」発表50周年を記念して、三浦綾子記念館とタイアップして作られたヴァイツェンです。少しクローブ香にさしかかったヴァイツェン酵母の香りがしっかりと出ている、とても出来の良い小麦ビールです。酵母の白い濁りを、氷の結晶とだぶらせているのだと思います。



樽詰めはないらしく現地でも飲めませんでした。もちろん、札幌市内では販売されていない製品だと思いますので、ご興味のある方はぜひ。フレッシュなうちが飲み頃です。

以下余談ですが、人生には役に立たない知識ばっかり知っているので、「氷点」というとどうしても「笑点」が思い浮かび、あのテーマソングが頭の中に流れて困ります。(気になる方は「笑点」の由来を調べてください)

 

久々のトリプルタップ!

昨日お休みをいただき、今日から2年目となります。よろしくお願いします。

久々のトリプルタップ! 「小樽マイボック」「マレッツ・ブロンド」「サッポロ・クラシック」の3つの樽生を繋いでおります。


 

1周年を迎えました

今日で1周年です。普通のお店の周年イベントのようなことは不可能だったので、本当にささやかな「1周年フェア」を行いました。感謝を届けたい方には、ちゃんとお届けできたと思っています。

2周年が迎えられるのかどうか、本当にわかりませんが、そうできるようにさらなる努力をします。2年目もよろしくお願いします。

よく開店日を「ロックの日だね!」と仰っていただいて、それはそれでとても嬉しいのですが、自分の中では「6月9日」というと、このコーネリアスの『69/96』です。コーネリアス的には「駄作」なのでしょうけれども、自分はこれが一番好きなアルバムです。あのころは熱かった、渋谷系!

ランビック 入荷

ランビック、また"ほぼ"全社揃いました。

「ランビックって何?」という方にはオススメできませんので(^^;)、ご相談くださいませ。

サントリー・プレミアム・モルツの「香るプレミアム」

恥ずかしながら、ビール歴10数年にしてようやく最近、ラガー酵母の味が感覚としてわかるようになってきました。

その感覚でサントリー・プレミアム・モルツの「香るプレミアム」を飲んで美味かった、という話です。ちょっと長いので、お暇なときにどうぞ。
(※お店では販売していません。これはエッセイです)



ラガー酵母は「スッキリとした味」と形容されるのですが、実際にはちょっと違う。実は、喉の奥に「触覚」に近い感じで引っかかる風味があります。これまでずっと、それを麦芽の味と切り分けができなかったのですが、しかしそれをやっと、酵母の味と麦芽の味を分けて感じられるようになってきました。さらに訓練すれば、ブラインドでも当てられるようになるのでしょうが、まだそこまではもうちょっと時間がかかりそうです。

さて、サントリー・プレミアム・モルツの「香るプレミアム」。上のような感覚で味わったときに、たしかにラガーの味がしません。まぎれもなくエールです。 エールは「香りが高い(フルーティな香り)」と言われますが、実は飲み込んだ後の味の残り方が、非常に「ドライ」(辛口という意味ではない)なのです。

このビール、おそらく所謂「ビールマニア」の間では、評価はあまり高くならないでしょう。「エールビール」のイメージや「香る」(酵母ではなくホップが香 る)という先入観があるからです。このビールの隣にある「グランドキリン・ジ・アロマ」の方が、そういう「エール観」から言えば、評価が高くなると思われ ます。

しかし自分は、この「香るプレミアム」は、非常に素晴らしいライトエールだと思います。これは、大手の技術力とエールビールとの 「幸せな融合」なのではな いか、と思います。飲みやすく、かつ、酒としての飲んだ充実感もある。正直なところ、このレヴェルでのエールを造れる日本のクラフトビールメーカーは、非 常に限られるのだろうな、と思います(もちろん、あそことかあそこならやってくれそうだけど)。

サッポロ・クラフト・ビア・フォレスト 前売券発売開始

当店も主催の一店舗である、「サッポロ・クラフト・ビア・フォレスト」の前売券を販売開始しました。

3,000円(ビアチケット7枚)と5,000円(ビアチケット12枚)の2種発売です。前売特典として、特製プラカップとMORI君グッズが付きます。
前売券は限定枚数販売のため、売切れの際はご容赦ください。当日券はビール1杯500円(リユースプラカップ100円制)となります。


シュレンケルラ・ラオホ・ドッペルボック 開栓

札幌初登場。シュレンケルラ・ラオホ・ドッペルボック 開栓です。

燻製(ラオホ)ビールならではのスモーキーな香ばしさ、ソフトな口当たりが特徴です。
高アルコールだけに味わいもビールを超越した深く、飲みごたえ抜群です。ラオホ(燻製)ビアの極み。
度数が8.0%と高いので、最初の1杯目にはご注意ください。

HUB ライズアップ・レッド まもなく終了

HUB ライズアップ・レッド、残りわずか。今日繋いでいる途中で売り切れるかもです。

明日お休みで、休み明け、「シュレンケルラ・ラオホ・ドッペルボック」樽生、札幌初開栓の予定です。
<<back|<42434445464748495051>|next>>
pagetop