January 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

「フォレスト」翌日から営業してます!

実行委員を務めました「サッポロ・クラフト・ビア・フォレスト2014」、無事閉幕いたしました。
ご来場の方々、本当にありがとうございました。MORI君も、無事に(でも酔っ払いながら)森の中へ帰っていきました。

さてMaltheads、今日も18時から快調に?営業中です。まだ休みません。
フォレストの反省会だとか、余韻に浸りたい方など、ぜひお越しくださいませ。

樽生ビールも、3種類繋いでおります。限定数量。銘柄は、お楽しみに。
フォレストのグラスを持ってくると、なにかいいことあります!



ブレークサイド IPA開栓

ブレークサイド・IPA樽生
(アメリカ・ポートランド)
 
ポートランド市のブレークサイド醸造所のエール。
苦味強く、柑橘系のホップの香りが高い、正統的な西海岸IPAです。
「ビールの首都」ポートランドのブルワーの実力を確かめてください。

ベルギーのセゾンビール、大量入荷

ベルギーのセゾンビール、大量入荷しました。
・セゾン・デュポン
・セゾン・ヴォアザン
・サンフーヤン・セゾン
・セゾン・デュポン・キュヴェ2014

アメリカのクラフトビール界でもベルギービール再評価の機運があるのか、「セゾン」スタイルのビールが増えてきています。その原点。セゾンとは何か?というのをここで書くと書ききれないほど、非常に奥の深いスタイルです。お店で飲みながらどうぞ。

竹鶴&リタ ハイボール

ニッカのお酒のハイボールを2種始めました。

「マッサン・ハイボール」…ピュアモルト「竹鶴」のハイボール
「リタ・ハイボール」…「ニッカ アップルワイン」のハイボール

「マッサン」とは、ニッカの創業者、竹鶴政孝の愛称。
奥様のスコットランド人のリタが、マサタカと呼びづらかったのでこう呼んでいたといわれています。

お気づきでしょうが、今年秋からのNHK朝の連続ドラマのタイトルでもあります。

そして、ニッカ・アップルワインを使ったハイボールを、「リタ・ハイボール」としてお出しします。
ほのかに甘く、フルーティなワイン・ハイボールです。
お気軽に飲んで下さい。





 

馨和(かぐあ) 白 樽生 北海道初上陸!

馨和 KAGUA Blanc 樽生 (ベルギー=日本) を開栓します。樽生は、「北海道初」です。

日本人がプロデュースし、ベルギーのドゥ・フラール醸造所造られた「馨和(かぐあ)」。「和が馨る」というコンセプトのもと、ベルギービールと和風の融合を果たしたビールです。
「ブランク」(白)は、華やかなエステル香とフレッシュな柚子の香りが調和した淡色小麦エール。




 

本日限定「HUBベルジャン・エール」樽の打ち抜きにご協力ください

本日限定、ポートランドの「HUBベルジャン・エール」樽の打ち抜きにご協力ください。大1000円(300円引)、小800円(100円引)でご提供します。大の方が値引き率が高いのは、呑兵衛に優しいお店だからです(笑)。 

HUBとは「Hopworks Urbern Brewery」の略ですが、このビールは本格的なアビイ(修道院)「ダブル」タイプのエールです。色は濃い目、アルコールも高め、モルトの甘みがしっかりと出ている「麦芽」好きにはオススメのエールです。ベルジャンを造らせても、アメリカは上手ですね。

チーズメニュー改訂。

チーズメニュー改訂。
琥珀ヱビス樽生や、リタ・ハイボールも始めます。


フォレストの前売は土曜日まで。

サッポロ・琥珀ヱビス 樽生 開栓

サッポロ・琥珀ヱビス 樽生
(サッポロビール)
 
ついに北海道上陸。琥珀色のヱビスビール。麦芽100%のいつものヱビスに厳選のクリスタル麦芽(協働契約栽培)を配合した、アンバー(琥珀)色の深みのある味わい。麦芽由来のカラメルの香りが引き立つ名品。

フォレスト前売 5日(土)まで

フォレストの前売チケット、5日(土)までです。
当日券も発売するので前売りがなければ入れない、ということではありません。が、「お得」に飲みたい方は前売りをお求め下さい。3000円で7杯、5000円で12杯飲めて、カップ付きです。(当日はカップ購入の上、1杯500円)。


サッポロ・ビア・アカデミー 修了

先日、「サッポロ ビヤアカデミー」を修了しました。
ビールサーバーの管理、注ぎ方に関する、サッポロビールの講習会です。

もちろん基本的なことは大丈夫だったのですが、1点だけ「なるほど」と思うことがあり、日々のメンテナンスに活用しています。

この講習会で学んだことではないのですが、注ぎ方に関してひとつ閃いたことがあり、いわゆる「一度注ぎ」に限りなく近い注ぎ方ができるようになりました。最近は自分でも惚れ惚れするような泡を作れています。

そんなわけで今日は、「サッポロ・クラシック」をいかがでしょうか?

<<back|<41424344454647484950>|next>>
pagetop