May 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

インディアン・モルト「アムルット・フュージョン」&アイラ・モルト「ラフロイグ・セレクトカスク」入荷

すっかり忘れられていますが(笑)、Maltheads はモルト・ウイスキーの専門店でもあります。店主はウイスキーに対して、ビールのような「資格」こそ持っていないのですが、ビールと同じ程度にはウンチクを喋ることができます。

今までは「モルトウイスキーをもっと気軽に!」として、ビギナーにも優しく「レギュラー」や「スタンダード」にこだわってきたのですが、そろそろ方向転換します! 少しずつ、ボトラーズだとか、レアものだとかに入れ替えていきます。「ビギナー」に優しくはなくなるのかもしれませんが、お財布には優しい価格帯はキープで。
もちろん今まで同様、「初心者」には易しくご説明さし上げます。でも、ハイボールではなく、ぜひストレートでお飲みください。「ウイスキーはキツい」と思っている方は、ほとんどは飲み方を知らないだけなのです。

さて、第1弾。インディアン・ウイスキーと、アイラ・モルトの新作をご用意。「アムルット・フュージョン」と「ラフロイグ セレクトカスク」を入荷しました。(以下、長文)


「アムルット・フュージョン」
インドのシングル・モルト。インドでウイスキー?と思うかもしれませんが、実は世界一ウイスキーを消費している国はインドです。インドではウイスキーが、日本よりも古くから飲まれていました。もちろん、イギリスの植民地であった関係です。よく「世界5大ウイスキー」として日本が入っていますが、それよりもインドの方が重要では?という声もあるくらいです。本格的なシングルモルトウイスキーの生産は第2次大戦後からですが、最近ようやく、日本にもインディアン・モルトが紹介されるようになりました。
「アムルット」はその中でも特に定評の高いディステラリー(蒸留所)です。商品名の「フュージョン」は「融合」の意味で、インド産とスコットランド産の大麦から蒸留された原酒をブレンドして造られています。

テイスティング・ノート:レモン香。また軽いカラメル香。時間が経つほどにカラメル香が強くなる。加水するとレモン香が引き立ち爽やかな印象に。カラメル香は、アジアならではのキャラクターか? エスニック料理とも合いそうな印象。


「ラフロイグ・セレクトカスク」
アイラ・モルトの雄「ラフロイグ」。バーボン樽熟成が看板ですが、このラフロイグは、シェリー樽でも熟成したものが入っているのが特長です。

「ラフロイグ10年」との比較テイスティング:シェリー樽由来の甘い香り。そしてモルティさ。若い印象。ピーティさは同じくらい。加水すると、スモーキーさ(ピーティーではなく)が引き立つ。

 

サッポロ・琥珀ヱビス 樽生 開栓

サッポロ・琥珀ヱビス 樽生(サッポロビール) 開栓です。
 
ついに北海道上陸、琥珀色のヱビスビールの樽生。麦芽100%のヱビスが、厳選のクリスタル麦芽(協働契約栽培)を使って、アンバー(琥珀)色の深みのある味わいを表現。麦芽由来のカラメルの香りが引き立つ名品。


 

シシリアンルージュトマト&タチバナアンバー開栓

2樽開栓です。

のぼりべつ シシリアンルージュトマト 樽生
(北海道・登別市)
 
登別鬼伝説ビール、柴田泰彦 醸造長のクラフトビール。
北海道産のフルーツトマト「シシリアン・ルージュ」をつかったベジタブルビール。トマトの酸味、ホップの苦味、バジル、コリアンダーのスパイシーな余韻。

伊勢角屋 タチバナアンバー 樽生
(三重県・伊勢市)
 
伊勢角屋ビール、出口善一 醸造のクラフトビール。
天然酵母「ヤマトタチバナ」を使用。野生味溢れる独特な酸味とエステル。それに負けない様にカラメル、ビスケッティなキャラのモルトを合わせて作られたアメリカンアンバーエール
 

お知らせいっぱい

週末!金曜日!花火大会! …となると、恐ろしく静まり返りそうな予感(笑)。
お知らせしたいことが多いので、トピック的に。

■明日お休みいただきます。
http://maltheads.net/info/460985 (富良野へ研修)

■BYOF 試験中
http://maltheads.net/info/701452

■ビール検定団体割引 受付中!
http://maltheads.net/info/698410

 

「BYOF」試験運用

本日の営業から「BYOF」を試験運用します。
BYOFとは、「Bring Your Own Food」のことで、つまりは「食べ物の持ち込みOK!」ということです。


http://maltheads.net/info/701452


本番運用ではお持込料をいただく予定ですが、試験期間中は「無料」とします。
上記リンクの[ルール]をお読みの上、ビール・ウイスキーに合ったお料理をお持込ください!
(試験期間は、2週間ほどを考えています。リンクの記事が上がっている間は、OKです)

超限定!≪チェコのビール特集≫

超限定!≪チェコのビール特集≫。
ピルスナーの故郷の稀少なビールをどうぞ!
500mlの大瓶サイズです。

・ピルスナー・ウルケル 500ml瓶    [ピルスナー]
・プリマートル    [ピルスナー]
・プリマートル・ダーク [ダークラガー]
・パルドゥビツェ・ポーター [ポーター]

珍しい銘柄はもちろんですが、「ウルケル」の500mlサイズはなかなか飲めるものではありません。ぜひこの機会に!

のぼりべつ 赤鬼レッドエール 開栓

新樽開栓です。

のぼりべつ 赤鬼レッドエール 樽生 (北海道・登別市)
 
登別鬼伝説ビール、柴田泰彦 醸造長のクラフトビール。
レッドエールタイプ。赤みを帯びたほんのり甘くフルーティーな香り、ローストモルト香の香ばしい味わい。

伊勢角屋 スタウト 樽生 開栓

新樽開栓です。

伊勢角屋 スタウト 樽生
(三重県・伊勢市)
 
伊勢角屋ビール、出口善一 醸造長のクラフトビール。
焙煎した大麦(ローストバーレイ)と、イギリス産のホップ(ケントゴールディング)を使った正統派のスタウト(黒エール)。



「サッポロ・クラフト・ビア・フォレスト」グラス持参でサービスも引き続き継続中!
http://maltheads.net/info/698216

札幌国際芸術祭スタンプラリー 参加

札幌国際芸術祭スタンプラリー「札幌ぐるぐる」に 参加いたします。

9月28日まで。

「日本ビール検定1級合格者」の集い。レポート

今年の1月に参加した、「日本ビール検定1級合格者」の集い。レポートがアップされていました。
一番奥の左角の席に座ってます。

http://www.beerken.com/masters-newyear/
<<back|<38394041424344454647>|next>>
pagetop