August 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

ウエットホップのビール2種

2種類の「ウエット・ホップ」のビール入荷しております。

ひとつは、「サッポロ・クラシック富良野ヴィンテージ 中瓶」。8月26日に上富良野で収穫されたフラノ・スペシャル種のホップを乾燥させずに(ウエット・ホップで)仕込んだ限定品です。

…と説明的に書くとありがたみに欠けるうえに(笑)、もうほとんどの方は缶ではお飲みでしょうから、1枚の写真を添えます。


これは収穫当日、上富良野のホップ畑の写真です。奥に見えるのがまさに「フラノ・スペシャル」です。この写真はお昼前に撮った写真で、「このあと午後から収穫します」との説明を受けました。収穫されたホップはそのまま恵庭の北海道工場に運び、仕込みのスタンバイをしていた工場で、そのまま夜通しで仕込みをするのだそうです。

普通のホップは、収穫して茎から毬花だけを分離した後、巨大乾燥機で8時間ほど乾燥してから出荷されます。ホップはすぐに酸化して品質が劣化するので、この乾燥作業は必須です。しかし乾燥の工程で、揮発的なアロマ成分はいくらか飛んでしまいます。

このままなら「ホールホップ」です。ホール(全体の)状態でビールに使うこと自体も珍しく、通常はさらに細かく粉砕してペレット(錠剤)状に成形したものが使われます。ペレットよりもホールの方が味わいが優れている、と言われます(ルプリンだけでなく花の本体も味に影響するから、という説を聴いたことがありますが、詳しいことは存じません)。

その乾燥工程を経ない新鮮なホップは、「ウエットホップ」や「フレッシュホップ」などと言います。しかし当然、入手できるのはホップの収穫期に限られますし、しかもホップの産地に近いブルワリーでしか使うことができません。日本ではホップ畑自体が多くなく、しかもほとんど大手の契約となっているため、「クラフト」が得意のマイクロブルワリーでさえもウエットホップを使ったビールを造ることは簡単ではないのです。

そのウエットホップを使った「富良野ヴィンテージ」はとても珍しい製品である、といえると思います。さらに北海道限定とはいえ、大規模に流通される商品として造られていることは驚きに値します(キリンの「一番搾りとれたてホップ」は収穫したホップを冷凍してから使っています)。


さらにまた、北海道工場の工場長に直接伺ったお話では、「3年ほど前からウエットホップの使い方を掴んできた」のだそうです。それまではどうしても青臭くなってしまっていたのが、それを抑えることができるようになったとか。

ホップの生育はもちろん、年ごとに違います(今年のホップは、素人目に見てもいいホップでした)。また収穫したホップをその日のうちに使うので、当然収穫の天気にも左右されます(今年は写真の通りに快晴。去年は雨降りだったそうです)。「富良野ヴィンテージ」の"VINTAGE"は、ワインのそれに限りなく近い意味を持っているのです。

そんなことを思いながら、当店でボトルの「富良野ヴィンテージ」をお楽しみください。これは北海道民の特権です。


もうひとつは、イギリスの「ブリュードッグ・ボーン・トゥ・ダイ 27.11.2015」。



数字は賞味期限。つまり11月27日までに飲んでください、というビールです。ウエットホップの香りを楽しむために、超短期賞味期限で造られています。

同様のビールが、アメリカのストーン醸造所の「Enjoy by...」という製品です。これも賞味期限が製品名の一部となっています。上のブリュードッグは、そのストーンの製品にインスパイアされて造られました。

(大瓶のため、少々お値段が張ります。シェアして楽しんでください)
 

アサヒ「黒生」最終入荷

アサヒ「黒生」。日本の「黒ビール」の中心であるドイツの「シュヴァルツ」の名品でしたが、このたび2015年9月で終売となりました。



「すべての主要メーカーがシュヴァルツを製造している国は珍しい」と、かのマイケル・ジャクソン(評論家)も注目した日本の「黒ビール」。次第にシュヴァルツオンリーからスタウトも巻き込んで拡散していき、従来のドイツ風シュヴァルツはだんだん少なくなってきていましたが、ついにアサヒもその看板を変更する時が来ました。「スーパードライブラック」が出たときに終売になってもおかしくはなかったのですが、一定の固定ファンはいたのでしょう。しかしついに終了です。

「アサヒ・スーパードライブラック」を特別に入荷しています。当店のレギュラー品「アサヒ・スタウト」と併せて、最後の飲み比べをお楽しみください。
(終売になるまでこの組み合わせに気づかなかったのが情けない…)

 

イギリスのビール入荷 (ゲストビール)

イギリスのビールをいくつか入荷です。

「ヤング・ロンドン・エール」久々の入荷です。しばらく見ないうちに、すっかり顔(ラベル)が変わってしまいました。前のアーバンなデザインもよかったですが、今の素朴な感じも好きです。ロンドンの地図をモチーフとしています。
中身はもちろんもっと好き! イギリスのホップの香りを体験したい方はぜひ。ファグル、ゴールディングス、ターゲットが使われています。ペールエールというよりは、スペシャルビターでしょうか。ESBの'E'が付かない感じです。

またこれも久々。「マッキュワンズ・スコッチエール」。前回入荷の時にも書きましたが、ベルギービール「デュヴェル」の酵母は、このマッキュワンズから採られて培養された、という有名な話があります。「デュヴェル・トリプルホップ2015」も、残りわずか。

イギリスのお菓子をイメージしたエール「プディングエール」も入荷。「桃ヴァイツェン」は、今季最終です。


 

オクトーバーフェストビール

オクトーバーフェストビール、揃いました。
「シュナイダー・ヴィーゼンビア(TAP4)」「ベアレン・フェスト」「パウラーナー・オクトーバーフェスト」「エルディンガー・オクトーバーフェスト」です。



すっかり有名となったミュンヘンのオクトーバーフェスト向けに造られた、お祭りビールが発祥の「オクトーバーフェスト」スタイル。ずっと「『メルツェン』と同一のスタイル」と流布されてきましたが、最近は明確に分けて考える傾向にあるように思います。
作り方の特徴としては、春に仕込んで秋に飲む、という日本酒の「あきあがり」に似たような側面を持ちます。ただし最近では、律義に半年を熟成させるものは少ないそうです。

実はこの写真の中で、ミュンヘンのオクトーバーフェストに出品されている「本物」のヴィーゼン・ビアは1種類のみです。
正解は…お店でどうぞ。経緯なども面白い話があります。

フレッド・エクハード氏追悼

姉妹都市ポートランドの著名なビール評論家で、ポートランドを「世界のビールの首都」と名付けた張本人、フレッド・エクハード氏が8月10日に亡くなりました。
http://www.oregonlive.com/…/fred_eckhardt_portlands_legend.…
https://en.wikipedia.org/wiki/Fred_Eckhardt



フレッド氏を追悼し、彼の名が付けられた「Hair of the Dog FRED」を、本数限定で特別価格で提供します。先着2〜3本です。
 ・Hair of the Dog FRED 3000円→1800円
 ・Hair of the Dog FRED fron the wood →2000円 (今回のために入荷)


…とはいうものの。ヘア・オブ・ザ・ドッグの「フレッド」が人名にちなむことは知っていたものの、これほどの方の名前を取っていたというのは、実は麦酒停のフレッドから聞いて知ったばかり、と素直に告白しておきます。

いろいろ検索して気づいたのが、自分がビールを最初に「勉強」した一冊、『世界ビール大百科』(大修館書店)の著者のひとりでもありました。なんだ「師匠」だったのか(笑)。
http://plaza.taishukan.co.jp/shop/Product/Detail/10115

そんな風に無知ではありましたが、当店では「FRED」をずっと出している縁がありますので、勝手に追悼します。
ただ、安くはないですし(半額にしたかったのですがそれだと原価割れるくらいです)、また、アルコール度数が10%もあるビールです。「とりあえず」気分 ではお飲みにならないように気を付けてください。何人かでシェアするくらいでちょうどいいと思います。たった一口でも、素晴らしいビールであるのがわかる ことは保証します。

夏ビール特集

ゲストビールに「夏ビール」が(いまさら)登場です。
ベルギーの「セゾン」を中心に、夏向けのビールを揃えました。


「セゾン」とはフランス語で「季節」。その季節とは夏のこと。セゾンというのは、まさに夏が旬のビールです。

最近、国内外のマイクロブルワリーで持て囃されているビアスタイルですが、意外と本場のセゾンを試したことのない方も多いのでは? 

もっともセゾンは、 「ビアスタイル」というよりも、一段上の「カテゴリー」とでも言いたくなるような、とても広い世界。ここに並んでいるものを飲むだけでも、一筋縄ではいか ないのが体験できると思います。

抹茶ビール レギュラー

本日より「抹茶ビール」レギュラー化します。八十八夜以来、なかなかメニュー化できずにすみませんでした。




風味を付けただけの「抹茶」製品とは違いますし、もちろんビールを「飲みやすく」したものでもありません。至極まっとうなビアカクテルです。そして、決して「キワモノ」でもありません。
「お茶」としての魅力と「ビール」としての魅力を、絶妙なバランスで取っています。(ビールは、「サッポロ・クラシック」を使用しています)



このアイデア、並びにメニュー開発には、円山・大森園さんの多大なるご尽力をいただきました。どうもありがとうございます。
http://www.oomorien.co.jp/column/detail.php?id=3

 

北海道の地ビール

24日放映「けいざいナビ北海道」で登場したビールたちです。網走、大雪のボトルは当店初登場。写っていない銘柄も他にあります。

「地ビール」という言葉が復権を果たすといいな、と強く思う今日この頃です。




 

抹茶ビール 初お披露目

夏も近づく八十八夜。
本日、「抹茶ビール」お披露目します。とりあえずは、4日までの3日間限定。(5・6は休みです)



「お茶」としての魅力と「ビール」としての魅力を、絶妙なバランスで取ることができたと思います。決して「キワモノ」ではありません。至極まっとうなビールです。

味は確定しましたが、オペレーションに手間取るのが必至です。チャキチャキとはいきませんので、他のビールでも飲みながらゆっくりと待ってください。


このアイデア、メニュー開発には円山・大森園さんの多大なるご尽力をいただきました。どうもありがとうございます。
http://www.oomorien.co.jp/column/detail.php?id=3

 

春の新入荷(ゲストビール) 「デュヴェル・トリプルホップ2015」と「ベアレン・マイボック」

春の新入荷(ゲストビール)。この時期のお楽しみ、「デュヴェル・トリプルホップ2015」と「ベアレン・マイボック」です。



トリプルホップの今年2015年の第3のホップは、アメリカはヤキマ原産の「エキノックス」ホップ。去年の朝日新聞のビール特集で触れられていたホップですね。
http://globe.asahi.com/feature/article/2014061200005.html 
この「ホップの掛け合わせ」という話は10年以上前から話は伝わっていて、はじめて聞いたときは「先進国アメリカ」の発想に衝撃を受けたものですが、今となってはさまざまな品種が次々と登場し、自然なこととなってしまいました。

もうひとつ。ベアレンの「マイボック」は「5月(Mai)」のボック。6.5%で麦芽の甘みの強いラガービールです。マイボックは「春が来た」と思わせられるスタイルです。マイボックの名品「アインベッカー」の発売もそろそろと期待されます。

 

<<back|<1234>|next>>
pagetop