August 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

[追悼] 小田会長の思い出

クラフトビア・アソシエーション(日本地ビール協会)の小田良司会長が亡くなられました。

 

http://www.beertaster.org/cba0815.html

 

2007年のちょうど今時期、マイケル・ジャクソンが亡くなったときを思い出すほど、驚きをもって報せを聞きました。ジャクソン氏は神様のような存在でしたが、会長はまさに恩人であり「師匠」でもありました。悲しくてなりません。

 

モルトウイスキーからビールに興味を持ち、夫婦二人でビアテイスターを取ったのが1998年。そのころ夫婦でビアテイスターはまだ珍しかったためでしょうか、いろいろ可愛がっていただいたように思います。

 

 

​ 会長からサインを頂いた『ビアコンパニオン』。読みすぎてボロボロです。

 

ジャッジの勉強をし始めたころ。デュッセルドルフ・アルトのジャッジングをやったとき。オフフレーバーなどとくに問題は感じずに高めの得点を付けたところ、いっしょに採点していた会長は低評価でした。なんでですか?と訊くと「現地のアルトはこんなんやない。もっと瑞々しいんや」と仰る。「その"瑞々しさ"はどうやって判断すればいいんですか?」と重ねて訊くと「それは現地に行って飲むしかないなぁ…」と。

 

んなアホな!?とそのときは半ば憤ったものです。しかしその後、現地のアルトを飲む機会がやってきました。飲むと、会長がおっしゃったとおり、本当に「瑞々しい」のです。字面や言葉では伝えきれない味はあるのです。それを身に着けるためには経験こそが大事なんだ、と強く痛感しました。

しかし、時間にもお金にも限りがあります。経験や感覚を身に着けることはとても難しいものです。それを補ってくれるのが「知識」なのです。だからこそ、自分は今でも「勉強」し続けています。そのキッカケのひとつは、会長とのこのやり取りにありました。

 

 

 

写真のマイケル・ジャクソンの『ビア・コンパニオン』。これにライプチヒ・ゴーゼの章があります。ゴーゼといえば塩を使ったビールで、本を買ったころはまだまだ未知のスタイル。この本を翻訳をした会長も、体験せずに訳さざるを得なかった、と告白していました。「ゴーゼはまだ日本で飲んだことある人間はほとんどおらん。坂巻さん、ライプチヒに行って来てレポートしてや?(笑)」と冗談を言われたものです。

 

時は過ぎ、数年前から少量ながらも輸入されるようになり、アメリカのクラフトビールの人たちが造ったものも入って来るようになりました。ヤッホーブルーイングも「好みなんて聞いてないぜSorry」シリーズで醸造もしました。ゴーゼが日本にいながらにして口にできるようになったことには、当時を思うと非常に感慨深いものがあります。

 

 


日本地ビール協会は、いわゆる「地ビール解禁」の1994年発足でした。アメリカのビール審査メソッドを日本に取り入れたものが「ビア・テイスター」です。

15年前の「地ビールブーム」が終焉すると、「マイクロブルワリーの暗黒時代」を迎えます。協会も大きな曲がり角に立たされたそうですが、会長が私財を投げ打って協会を存続された、と伺っています。その大きな熱意には心打たれました。

大会社に属さない一般の方にもビール官能評価の習得の機会を作り、ビアスタイルの重要性を確立させました。 「ビアフェス」という言葉を広め定着させたのも、会長のおかげです。日本のビール史において、非常に重要なことを成し遂げた方でした。

 

 

お店をオープンしてから、何度か電話でやり取りしたことはありましたが、結局、会長に店内をお見せすることは叶いませんでした。それが残念でなりません。

 

会長、本当にありがとうございました。これからも日本のビールの発展を見守っていてください。

 

セゾンビールについて、つらつらと思うこと

現在、マザマの「セゾン・デートル」開栓中です。マザマ醸造所は、結構ベルギー風のビールを造るのが上手で、このセゾンも「まさにセゾン」という味を体現している、素晴らしいセゾンビールだと思います(「デュポン」の方に近いセゾンですね)。

現在発売中のヤッホー「僕ビール、君ビール」を筆頭に、「ポストIPA」のひとつとして「セゾン」スタイルが注目されています。この「セゾン」とは一体何なのでしょうか? つらつらと書いてみます(長文)。

最も狭い定義をすれば、「ベルギー南部発祥の古典的エール」となるでしょう。

ベルギー南部のフランス語圏(ワロン地方)の穀倉地帯で(エノー州が発祥地と言われています)、農民が夏の農作業時に飲むために農閑期(冬季)に仕込んでいた、とされるビールです。セゾン(仏語の「季節」=season)とは「夏」のことを指します。

ベルギーも7〜9月は暑く、とくにワロン地方は秋口まで暑い日が続きます。水代わりに飲むとすれば、あまりアルコール度数の高いビールは向きません。かと いってアルコールを弱めると夏まで貯蔵しておく間に傷んでしまいます。そこで、アルコール度数を5〜7%に抑える一方で、大量にスパイスを加えて傷みにく いビールに仕上げる工夫をしました。糖化工程でも乳酸菌を取り込んで、酸味の効いた爽やかな飲み口にする工夫も施しています。乳酸菌はまた、ビールを悪くしない防腐効果もあります。

農繁期には他の地域からの季節労働者を受け入れるために、労働条件の1つとして、「ビールの提供」という項目があったといいます。労働者を集めるために、 「うちは、ビールを1日何リットル」、別の農家が「うちは何リットル」というように競い、エスカレートしていき、ベルギーのシリー醸造所では、一人1日8 リットルのビールを提供していたという記録も残っているそうです。

色は白濁した麦色からアンバーまで、ホップも苦味が強いのもあれば弱いのもある、度数も5%から7%以上のものもある…と、実は「なんでもあり」なのがセ ゾンの特徴です。それは、たとえば日本の味噌と同じように、農家の家ごとのスタイルがあったためです。「あそこんちのビールはうまいぞ」ということで農家からビール会社になったセゾンの醸造元もあります。

それだけに、「セゾン」というのはとても取り留めのないスタイルです。最近のセゾンは、スパイスを使っていないものも散見されます。「ベルジャン酵母を 使ったライトエール」としか言いようのないセゾンが商品として存在しています。自分として「よいセゾン」というのは、「酵母感」と「スパイス感」(それとできれば「軽い酸味」)が重要だと思っているので、「スッキリとした飲みやすさ」というのがあまり前に出てくれてない方がうれしいです。しかし、この懐の深さ(あるいは曖昧さ)というのがセゾンの醍醐味でもあるので、あまりうるさいことを言わずにのんびりと楽しむのが、セゾンの美味しい飲み方なのかもしれ ません。

しかし、それでもあえて細かいことを言うと(笑)、セゾンビールは「その家らしさ」というのが大事ではないかと思うことがあります。日本のセゾンですが、 酒米と自家栽培ホップを使った「志賀高原・山伏」や、酒麹を使った「常陸野ネスト・セゾン・ド・ジャポン」というのがあります。それぞれ酒蔵資本のブルワリーが造っているのですが、これらは、セゾンの成立過程までをも味に含めることができている、素晴らしいセゾンビールだと思います。

今日はインターナショナル・ウイスキーデイ

今日はマイケル・ジャクソンの誕生日を記念した「インターナショナル・ウイスキーデイ」だそうです。
http://www.internationalwhiskyday.org/



逝去してもう7年。御大も生きていればまだ73歳。やはり早い死だったなぁ、と思います。
自分にとってマイケル先生はウイスキーというよりもビールの人という印象がありますので、なんかビールが省かれているのは癪なのですが(笑)。
この方なくしては、CAMRAの拡大もなかったろうし、今日のクラフトビールの隆盛もまた違ったものとなったことでしょう。晩年はかなり日本にも来ていて、勃興期の地ビールにとても興味を示していました。

以前にもネタにしたのですが、都合2度ほどお会いしたことがあります。2度ともみごとに酔っぱらっていらっしゃいました(笑)。

 

わが心イギリスにあり

ちまちまと貯めていたら、イギリスビールが久々に揃っていたので記念撮影。



「どのビールが一番好きですか?」と無茶な(笑)質問をよくされますが、銘柄でなく国で答えるなら、間違いなくイギリスです。
昨今のアメリカビールの隆盛で、いっそう日陰者になっているイギリスビール。しかしいまの「クラフトビール」ブームの源流は、1970年代初頭にロンドンから沸き起こったリアルエールの保存運動「CAMRA」にあります。伝統的なビールを大事にしよう、と言う思いがアメリカにも渡り、さらに大きな潮流となったのです。

イギリスのホップ(ファグルやゴールディングスなど)は、「草のような香り」と形容され、穏やかですが主張はあり、いつまでも飲み続けられる品の良さも持っています。しかし、そういうホップの良さが際立つイギリスの低アルコールビールは、残念ながら劣化がしやすく、日本ではなかなか良い状態で飲めまぜん。そのためにファンも増えないという負のスパイラル状態に陥っています。その良さをなかなか伝えられない現状は、イギリスビール好きとして大変歯がゆいものがあります。日本の造り手も、もっとブリティッシュホップを使ったものを増やしてほしいものですけどね。

さて、勘のいい方ならばひとつだけ仲間外れがいるのにお気づきでしょうが、もちろん理由はあります。ベルギーの名品「デュヴェル」の酵母は、スコッチエール「マッキュワン」から譲り受けたものだ、と言う有名な逸話があります。マッキュワン、久々の入荷です。
 

◆拡張版 なんか目に留まった【ビール】ニュース 2015/01/28

・札幌市へ「ビールで乾杯」条例を大手4社が要望

http://www3.nhk.or.jp/sapporo-news/20150126/4929221.html (ニュース動画あり)
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/donai/588477.html (道新)
※どちらも何日かで削除されると思います。


「札幌を日本のビールの首都に」(http://maltheads.net/photo/album/217058)を提案している立場として、この日本初のビール乾杯条例は大歓迎です。

しかしとてもモヤッとするのは、NHKのニュース動画やネットの書き込みなどを見ていても、だれもがいまブーム(笑)の「クラフトビール」と結びつけようとしない ところです。両者はまったく別の文化である、という風にしか認識できないのであれば、この乾杯条例も今のクラフトビールブームも、短い命ですね。どちらの 人もそれでいいとは思っていないはずなのに。


ところで、「乾杯条例」については恥ずかしながら寡聞にして知らなかったのですが「ブーム」だったんですね。軽く検索してみて、ここが背景や問題点などがよくまとめられていました。
http://www.nippon.com/ja/column/g00147/

罰則がないとはいえ法律なのですから、強制感を煽ってしまう短所は気になります。一方で今回のビール条例は、大手4社がひとつの「ビール文化」を作ろうと協働しているところが歓迎できます。

東京〜横浜研修旅 (2日目:横浜)

1日目からの承前


翌日はまず赤坂へ。ベルギービール輸入の大月酒店の試飲会に参加しました。XXXビターなど、デ・ランケ醸造所の5種類の樽ベルギービールのお披露目でした。
ベルギーにも、アメリカン・ホップの波が押し寄せています。というよりも、21世紀になってからできた新しい醸造所は、アメリカ市場向けに積極的にホップの強いビールを造っています。10年前くらいには「麦芽」「瓶内熟成」が特長だったベルギービールも、また音を立てて変わりつつあります。

店内では、仙台のベルギービールの名店「ダボス」のマスターご夫妻と一緒になりました。ダボスももう20周年だそうで、さすがその間に蓄積されたご見識を伺って、いろいろと勉強になりました。ここでは、大月酒店の沖さんとついに会えたばかりか、ビアジャーナリストの川端さん、池田さん、ほかにもいろいろな方とご挨拶ができました。


その後、横浜へ移動。第2の目的「JAPAN BREWES CUP FESTIVAL」に参加してきました。


 とても暖かく、表で飲んでも寒くありませんでした。

ここでは、札幌のビアフェスでお世話になったあくらビールや、コバツトレーディング、AQベボルーションの方々と再会したほか、新しいところ・方々ともたくさんお話ができました。
道外のビアフェスに参加するのは、もう10年以上ぶりだったかもしれません。関東のクラフトビールムーブメントを肌で体感できて、とても勉強になりました。札幌は「まだまだ」ですね(まだまだやれることがいっぱいある、という積極的な意味です)。


仏像が好きで鎌倉へはよく行っていたのですが、横浜は意外と素通りしてました。歴史が詰まったいい街と改めて実感。

夜は横濱Cheersへ。マスターの堀川さんとは、札幌にいらっしゃったときにちょっとお会いしたのですが、そのときのことを覚えていてくださったのがうれしかったです。


カラハナも「社員旅行」でした。こっちへ来てもいつもの顔ぶれ(笑)。


横浜はすごいですね。「日本のビールの首都」という自分のキャッチフレーズが、すでに実現されている感じです。キリンビールが主導となって、横浜市も絡んで、ブルワーもインポーターもあり、ビアバーもたくさんの名店があります。正直なところ、札幌は大きく水を開けられているような気さえしました。もっと頑張らねば。

前篇でも書いたように、東京から札幌へ来てからというものほとんど道外へ出られなくなり、内弁慶というわけでもないのですが、全国のいろいろな方やお店のことを知らずにいます。今回もようやくお会いできた方々がたくさんいらっしゃいました。そんな方々とお話して、ビールについて改めて「わかった」ことも多かったです。初心に帰ることもできましたし、とても実りのある「旅」でした。
「井の中の蛙」になっているつもりはないのですが、人間たまには旅に出なければいけませんね(お金がないだけなんですけどね^^;)。この2日間の経験は、今後お店にも活かされていくと思います。

(※文中、自分がタグ付けされていた写真をお借りしました)
 

東京〜横浜研修旅 (1日目:東京)

土日でお休みをいただき、東京〜横浜へ研修へ行ってまいりました。




自分の実家は葛飾区新小岩なのですがなかなか帰省できる機会がなく、札幌に移住して15年間で数回程度しか東京へ行けていません。今回は1年ぶりの東京で、そのときでさえ3年ぶりの東京でした。自分の中で東京の記憶は15年前で止まっているといっても過言ではありません。今回も宿泊こそ実家でしたが、ほとんど「研修」といっていい旅程でした。

 羽田空港4階ではイエーバーの樽が飲めた

まずは今回の目的のひとつであった、ビール検定1級合格者の新年会へ。会場は五反田の「クラフトマン」でした。



「30タップ飲み放題」という夢のような時間の中で、合格率4%の難関を突破した1級保有者の方々と、どっぷりと話し込みました。昨年は初対面ということもあり少し硬い雰囲気だったのですが、今年はみんなすっかりと打ち解けて、楽しく飲みました。ぜんぜん難しいことを話しているわけではありません。うまいビールの前では、みんな単なる呑兵衛なのです。


その後、所用を挟んだのち、大崎のアイリッシュパブ「シャノンズ」で合流。ご一緒してくださった、びあけん顧問(ヱビスビール記念館館長)の端田晶さんが、実は「キルケニー」の輸入をした張本人だった(以前はサッポロビールの輸入)という話を聞きながら、アイリッシュビールに舌鼓を打ちました。

端田さんとは帰りの方向が一緒だったので、寄る予定だった両国ポパイにお誘いしたところ、快諾。二人で行きました。
もはや「聖地」とも言われるポパイは、自分がビールを学んだ思い出深いお店です。まだ10タップ程度しかなかったころに足繁く通い、マスターの青木さんから直接薫陶を受けました。青木さんは、言ってみれば私の「師匠」なのです。最近お忙しいので会えることは期待していなかったのですが、幸運にもいらっしゃっいまして、久々の対面を果たしました。「札幌で頑張ってます」と伝えるとなんとも嬉しそうに笑ってくださいました。

そして、ポパイのカウンターで端田さんと二人でビールトークをするという、至福の時間。中でも端田さんが仰った「日本酒は"ビール"である」という知見は、今回の旅でも最も大きい"収穫"だったかもしれません。

「もはやビールというのは麦芽をスターターとする醸造酒だ」という私の意見から、端田さんがこう仰ったのです。「いや、もう一段深く行ける。明治のころ、はじめて日本酒を飲んだヨーロッパ人は、『これはビールだ』と言ったという。つまりヨーロッパ人にとって、果実から作る醸造酒がワイン、穀物から作る醸造酒がビールなんだ」ということです。…深すぎる。聞いていて、ビールの本質にしっかりと触れた感触がありました。ここまでのことを仰れる方は、そうそういらっしゃらないでしょう。

(考えたら、一緒に写真撮るの忘れてた…orz)

そして端田さんと別れて、実家の新小岩へ。まっすぐ帰るはずがなく、モルトバー「フストカーレン」へ。ここは、オールドボトルだけを扱っているという特異なバーです。



 グレングラント8年の1970年代流通
 ロングモーンの1970年代流通
 G&Mの1964年製マッカラン
 ブラントン(バーボン)のファーストバッチからサードバッチまでの飲み較べ

そもそも自分が「酒」の美味しさに目覚めたのも、18年前にたまたま実家の近所にあったこの店に通いはじめたことからでした。酒のことを知れば知るほど、どうしてこのクラスの店が新小岩なんかにあるのだろう?と不思議でなりません。

当店が「ビール専門店」だけではなく、「モルトウイスキーの専門店」でもあるのは、この店の影響です。というより、たぶん多くの方が「誤解」していると思うのですが、自分はビールよりも先にウイスキーにハマって、酒の奥深さを知ったのでした。決して「片手間」でウイスキーをやっているわけではないのです。

ここは自分の原点にして頂点です。ここへ来て、自分がどうしてこの世界に入ろうと考えたのかを、まざまざと思い出しました。どうしてこの店が新小岩にあったのかといえば、それはきっと「運命」だったのでしょう。

初心を思い起こして、1月とは思えないあたたかい夜風にあたりながら実家へ帰りました。

2日目へ続く

HIGURASHI ありがとう



この年末、札幌の名店が7年の歴史に幕を下ろしました。南5西2のビアバー、ご存知「HIGURASHI」です。

まだ自分がPaul's Cafeで働いていた時。隅のテーブルに陣取り、話し合いながら一生懸命メモを取っている若者二人がいました。「あの二人、ビアバーでもやるんですかね?」と店主のポールと話していたのを覚えています。その後、リアルエールを置く店が札幌にできた、という話を聞いて行ってみると、やっぱりその時の二人 がいました。千田さん兵藤さんの二人と話をしたのはそれが初めてでした。

その店を見てまず湧きあがった感情は「嫉妬」。自分がやりたくてイメージしていた店を、完全に実現されてしまいました。できればお客ではなく、カウンター の中に入りたかったと思いました。もちろんその当時は、自分に独立できる余裕も算段もありません。嫉妬は共感に変わり、あっという間に常連に成り果てたの は言うまでもありません。

「メニューを固定せず、タップのビールを次々と繋ぎ替える」というシステムのビアバーは、札幌ではHIGURASHIが先駆でした(麦酒停はまだその当時 1タップでしたし、Paul's Cafeも基本は固定銘柄でした)。そのスタイルのビアバーは、東京ではだんだん浸透してきていましたが、札幌でもうまくいくのかどうかは、その当時はもちろん未知数でした。なにせ物流が安定していない。酒屋を経由すればそれなりのマージンが発生してしまうから、醸造所から直接送ってもらわなければならないけれど、札幌という「僻地」からいかに全国の醸造所と連携を取るのか。空き樽はどうするのか。次の樽を冷やすスペースはあるのか。こんな風に数多くの ハードルがあり、なおかつその答えを誰も知らない状態。それを、ひとつひとつクリアしていった努力は、まさに「パイオニア」の名に値します。

その後、兵藤さんは、初期のころから言っていたとおりに知床のホテル業へと進みますが、西脇君がそのあとを見事に引き継ぎ、一層の人気店となりました。クラフトビール、いやビールの楽しさを札幌に広げたお店です。この店の礎の上に、当店も乗っかっています。

「HIGURASHI」という場はなくなりましたが、その精神は、当店をはじめいろんなお店に引き継がれています。「ビール専門店」がだんだんと浸透してきたこの札幌で、その業績はいつまでも語り継がれていくことでしょう。本当にお疲れ様でした。

千田さんは南1条西12丁目の酒販店「Beer Cellar Sapporo」から新たなステージに踏み出します。そちらの応援もぜひ!

「ウイスキー検定対策講座」を受けてきました

今日は「ウイスキー検定対策講座」を受けてきました。
この世界の日本の第一人者、土屋守氏直々の講義でした(サイン本をねだるミーハー者^^)。




土屋氏は「マッサン」のウイスキー考証もなさっているので、ドラマの「裏話」も合間合間に聞けて、とても楽しかったです。

マッサンはどのウイスキーを飲んでウイスキーにハマったのか? 1920年代に「シングルモルト」ということはありえない。当時の銀座のホテルのメニューを遡ってみると20種類程度のウイスキーがあるのだが、それはぜんぶ「ブレンデッドウイスキー」。しかし当時はブレンデッドに使われたキーモルトなんてトップシークレットだったから、特定のシングルモルトを飲んでその蒸留所の門を叩くということは絶対にありえない!(のでそういうシーンにはしないように)、という話が面白かったです。


ところで「資格マニア」とチラホラ言われていますが(笑)、資格を取るのが目的ではなくて、その過程で得られる知識が目的なのです。だから別に受からなくてもいいの(でもやっぱり受かりたいけど)。

ウイスキー検定本番は12月7日(日)、申し込み締め切りは11月6日(木)です。
http://www.kentei-uketsuke.com/whisky/



 

ラガーとエールの違い(記事紹介)

「日経トレンディ」の記事を紹介します。

「ラガー、ピルスナー……クラフトビールが注目される今、覚えておきたい“ビールの分類”」
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/pickup/20140911/1059966/

「自然発酵ビール」のオススメは「ブーン・グーズ」である、ことを除けば、とても優良な記事です。(「カンティオン・グーズ」は素晴らしいビールですが、ランビック嫌いを生みやすいので、当店ではランビックが初めての方には絶対にお出ししてしません)

とくに2ページ目以降、COEDOビールの植竹氏のインタビューは大変面白いです。ビール分類の基本であり、当店でもよく説明する「ラガー」と「エール」の違いが、造り手の視点から正確に語られています。

最後の方で、「ラガーとエールの境目は実は非常にあいまいです」と仰っているのは、さすが!としか言いようがありません。
当店では扱う機会が少ないのですが、COEDOビールはまぎれもなく日本のトップブルワーの一つだと思っています。


<<back|<123>|next>>
pagetop