August 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

「poroco」2016年11月号 クラフトビールの解説監修

札幌のタウン情報誌「poroco」2016年11月号 「女子のためのお酒案内」特集

クラフトビールについての解説を監修いたしました。

 

http://www.poroco.co.jp/porocow/new_poroco/index.php

 

用語解説、ビアスタイルマップ、ペアリングなどについて、基本に忠実に、かつ少々意外かもしれないことを簡潔にまとめて解説しております。
 

とくにスタイルマップについては、力を入れております。ぜひご覧ください。(男性の方も!)

 

「北一条さっぽろ歴史写真館」のコーナーで、ビールをテーマとした展示

「北海道を発信する写真家ネットワーク」による、「北一条さっぽろ歴史写真館」のコーナーが、現在ビールをテーマとした展示になっています。

 

 「北一条さっぽろ歴史写真館」北1条地下 西4〜5丁目 http://loco.yahoo.co.jp/place/g-u86vxAUTf3Q/

 

その中で、当店の「札幌を日本のビールの首都に」というスローガンを引用していただきました。

 

来年3月ごろまで。展示無料です。ぜひお立ち寄りください。

 

Air-G 「brilliand days」(ブリリアント・デイズ)に出演 9月20日(火)放送予定

FMラジオ Air-G 「brilliand days」(ブリリアント・デイズ)に出演します。

昨年6月以来、2度目のお声掛けをいただきました。

 

9月20日(火)10:15ころの予定です(番組内容により時間変更もあります)。

 


「クラフトビールの魅力」について、改めて振り返ります。

 

1年前と比べてどうなのか? 北海道の現状は? 

ぜひご聴取ください!


番組ホームページ http://www.air-g.co.jp/bd/
フェイスブック http://www.facebook.com/airgbrilliantdays

 

 

 

[追記]

番組のブログに収録風景を掲載していただきました!

http://www.air-g.co.jp/bd/2929/

 

「ニセコ・ポーター」は現在(9月21日)売り切れで、来週以降の入荷となります。申し訳ございません。
この日持って行って、番組中では名前だけ紹介されたビールは

・登別シシリアンルージュ(道産フルーツトマトを使用)

旅の始まりビール(十勝産麦芽100%)※ごく少量あります

・ローレルウッドIPA(札幌の姉妹都市 米ポートランドのビール)
・エクス・ノーヴォ・エリオット(ポートランドの非営利団体のビール)
でした。

 

HBCラジオ「親びん&亜樹のEZOマリアージュ」出演 7月15日(金)22:00〜

私の心の師匠、鎌田<親びん>孝さんの番組 HBCラジオ 「親びん&亜樹のEZOマリアージュ」に、先週に引き続き今週も出演いたします。(先週は「フォレスト実行委員」としての出演です)

 

放送予定:7月15日(金)22:00〜22:30

 

お二人の素敵なハイテンションに押され気味(^^;)のトークをお楽しみに。今週は「クラフトビール」全般のお話です。

 

「エゾマリ」のフェイスブックページへの『いいね!』 もぜひ!

https://www.facebook.com/hbcradioezomari/

 

ポータルサイト「よみもん社」に掲載

札幌の地域情報ポータルサイト「よみもん社」に掲載していただきました。

http://www.yomimon.com/tabemons/bar/maltheads.html


 

特集「札幌 樽生クラフトビールが飲める店」の一店としてのご紹介です。ありがとうございました!

『別HO(ほ)』2015[最終版] 掲載

『別HO(ほ)』2015年1215日発売 Vol.別冊 に掲載されました
http://www.toho-ho.jp/
「こんな専門店どうでしょう」p24 です。



当店のもう一つの柱、ウイスキーの方についても書いていただきました。「ウイスキーは片手間」と思われていることが多く(当然そんなわけはないのですが)、両者を並べて紹介していただいたのは初めてだったかもしれません。

『HO』誌は自分もよく参考にする雑誌ですが、飲食店に関してはフードが充実していないと紹介されない、という思い込みがあっただけに、なおさらありがたいお話でした。

「入りにくいお店」で紹介されると思っていました(笑)。

 

フリーマガジン「EZO CLUB」 Web掲載

9月にフリーマガジン「EZO CLUB」に掲載された記事が、電子化されました。


http://mg.ezoclub.jp/feature/682/

こうして見ると分量が少なく見えますが、実はみっちりと取材されています(2時間くらい喋りました)。「クラフトビール」を取り巻く環境、北海道との関わり、お店の姿勢…などなど。言いたかったことが、過不足なくコンパクトにまとめられていて感謝しています。

誌面もEZOCAの使えるお店で配布されていますので、ぜひお手元にもどうぞ。
http://ezoca.jp/shop/use.html



 

KAI バックナンバー ジュンク堂書店で発見

さっき(10月28日)南1条西1(札幌市)のジュンク堂書店へ行ったら、1階情報誌コーナーで『KAI』の「ビールの現場へ」特集号(2015夏号)が売られていました。過去の紹介記事はこちら

北海道のビールについて、堤野さんとの対談が載っています。買いそびれた方はぜひ!

「EZO CLUB マガジン」2015年秋号 にインタヴュー掲載

EZO CLUB マガジン」2015年秋号 にインタヴューが掲載されました。
北海道(EZO)のクラフトビールについて喋っています。


http://mg.ezoclub.jp/backnumber/516/
 

全道の「EZOCA」提携店で配布(無料です)されていますので、ぜひお手にお取りくださいませ。

ホッカイドウ・マガジン『KAI』2015夏号 対談掲載

昨日20日発売、ホッカイドウ・マガジン『KAI』2015夏号、特集「ビールの現場へ」において、取材を受けました。

http://www.kai-hokkaido.com/newrelease.html

サッポロ・クラフト・ビア・フォレスト実行委員でもあるノースアイランド元醸造長 堤野貴之さんとの、ビール愛にあふれた対談を行っています。どんな気持ちで皆さんへビールをお届けしているのか、ビールの造り手からとビール専門店からとして、たっぷりと語っています。


ちょっと裏話。

この対談のお話が来たとき、堤野さんと「どんな話しよう?」とお互い苦笑いしました。口裏合わせて「いかにも」な話にしようか?とも考えたのですが、「やっぱり打ち合わせなし、アドリブで」ということになりました。
そういえば、堤野さんとこういう話をじっくりしたことはなかったのですが、話し始めてみると「なんだ、考えてることはやっぱり一緒じゃん」と思うところが いっぱいありました。スムーズに話しているように読めるのは、もちろん編集の腕前なのですが、実際にもこんな感じの楽しい対談でした。われわれの「熱い思 い」が、にじみ出ている内容になっています。

特集のほかの記事もとても読みごたえがあり、「ビール好き」を自称する北海道人であればマスト!な内容です。ぜひ読んでください。
 


 
<<back|<1234>|next>>
pagetop