August 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

パン酵房 fu-sora(遠軽) 石臼挽き粉のシュトレン 2015

パン酵房 fu-sora(遠軽)石臼挽き粉のシュトレン 2015
入荷しました。クリスマスビールとともにお試しください。

シュトレンは、ドイツの伝統的なクリスマスの発酵パン菓子。
クリスマスの4週間前の日曜日から少しずつ食べ始めます。日をおくごとに熟成が進みます。
薄くスライスして召し上がります。
fu-soraさんでは、シュトレンの生地に自家製粉した石臼挽き粉のみを使用しています。

使用麦粒: オーガニック認証小麦(北海道新篠津村 ファーム田中屋) 86
        自家製無農薬栽培ライ麦 14
% 

自家製酵母、自家製ライサワー種



農家のパン屋 パン酵房fu-sora
http://shop.fu-sora.com/



 

新入荷ゲストビール 「作州津山ビール」「アンカー・セゾン」

今年初めての連休をいただき、今日から営業です。
新入荷ゲストビールでございます(少量入荷・売切御免)





「作州津山ビール」…岡山県の地ビールです。「加茂五葉」という日本酒を造っている蔵元さんのビール。
写真は「ヴァイツェン・アルト」(写真外に「ケルシュ」もあります)。「ヴァイツェン・アルト」とはここの独自の呼び方ですが、要するに「デュンケル・ヴァイツェン」です(いや、酵母は普通のエール酵母なのかな?)。

「アンカー・セゾン」…サンフランシスコのアンカー社の春季限定ビールです。
「セゾン」というと、最近スタイル名が相当知られるようになってきましたが、その定義は大変アイマイです。このセゾンは、ベルギー産のロースト小麦麦芽を使用、というところと、スパイス(レモングラス・レモンピール・ジンジャー)を使っているところが「セゾン」たる由縁のようです。
アンカーは、30年近くウインタービールでスパイスの使い方を熟知していますから、「セゾン」を造るときにスパイシーな方向へ行ったというのは、さすがですね。

クリスマス〜ニューイヤービール入荷!

この時期のお楽しみ、クリスマス〜ニューイヤービールを多品種入荷しました!


・グーデン・カロルス・クリスマス
・シュフ・ナイス
・デリリウム・クリスマス
・リーフマンス・グリュ・クリーク(ホットビール)
・シメイ・グランドレゼルブ(シメイ青の750ml)

クリスマス(〜ニューイヤー)ビールは、ベルギーを中心にこの寒い時季に向けて販売される季節ビールです。高いアルコール度数(写真のものはいずれも10%前後の度数があります)と、濃厚な味わいを特徴としています。
まずはクリスマスに向けて販売しますが、むしろクリスマスを過ぎてからの方が熟成されて美味しくなるビールです。これらのラベルが並ぶと、とても「冬が来たなぁ」と思います。しかもどれも一級品の味わい。冬こそビールなのです!

ところで、なんでシメイ青?と思われたかもしれませんが、シメイ青は1948年にクリスマスビールとして売られたものが発祥です。
トラピストビールには度数の低いものから「シングル」(シメイ・ゴールド)、「ダブル」(シメイ赤)、「トリプル」(シメイ白)という種類がありますが、シメイ青はさらにその上のランクになる、というわけです。とくに大瓶は味わいもまた柔らかくなりますので、ぜひお試しください。

また、写真にはありませんが、長期熟成物(2年から4年物)も少量入荷しております。くわしくは店のゲストビールメニューを!
 

シメイ・ドレー (ビールとチーズ)入荷

「シメイ・ドレ」(ゴールド)、ビール・チーズ共に入荷しています。
ビールの方は、レギュラーにしています(チーズは売切れ御免)。修道士が日常的に飲む、「シングル」と呼ばれるトラピストビールです。
スパイスが使われているようないないような…? コリアンダーの香りがするんですよね。




 

ヴィーゼン・ビア

今日から、本場ミュンヘンのオクトーバーフェストがスタートです。
それに合わせて、オクトーバーフェストビール(ヴィーゼン・ビア)勢揃い。左から、「シュナイダー」「パウラーナー」「シュパーテン」「ホフブロイ」です。

ヴィーゼン・ビアとは、ミュンヘンのオクトーバーフェストの愛称である「ヴィーゼン」(広場)で出されるビールのことです。日本では「オクトーバーフェスト・ビール」といいますが、現地では「ヴィーゼン・ビア」というのですね。

ビールの本を読むと、ビアスタイルの「オクトーバーフェスト」と「メルツェン」は同じものである、と書いてあります。実際のヴィーゼン・ビアは、ピルスナーやへレスのように淡色(金色)です。ところが、「メルツェン」と称するビールは、赤みがかった色をしています。小樽ビールの「オクトーバーフェスト」も赤みがかった色をしています。同じスタイルのはずなのになぜこんなに色が違うのでしょうか?

それは個人的な見解ですが、「オクトーバーフェスト」と「メルツェン」が違うスタイルになったから、と考えています。ヴィーゼン・ビアである前者は色が薄く、後者は色が濃いまま、といろいろなビールを見ていて実感しています。
お祭りのオクトーバーフェストで出されるヴィーゼン・ビアは、時代の要請(ピルスナーなどの影響)でどんどん色が薄くなっていきました。ところが「メルツェン」を作るレシピはその現状が反映されず、昔のまま赤みがかった色のままであるようなのです。


 

岩内地ビールとピリッカワッカメルツェン

「岩内地ビール」2本だけあります。明後日の「ビール検定」の試験範囲です(笑)。いわゆる「レーベルビール」で、中身はピルスナーです。
千歳ピリカワッカの「メルツェン」もちょっとだけあります。


シメイ・ドレー (ビールとチーズ)入荷

「シメイ・ドレー」を、ビールとチーズ共に入荷しました。




ベルギー南部、シメイの町にあるスクールモン修道院で作られるトラピストビール&トラピストチーズです。
ビールの「シメイ・ドレー」(doree:黄金)は、日本では商品名を「シメイ・ゴールド」といいます。過去に並行輸入で何度か輸入されたことがあり、その黒を基調としたラベルから「シメイ・ブラック」と呼ばれたこともありますが、同じものです。

カトリックのトラピスト派は自給自足を旨としていて、宗教的アイテムとして欠かせない酒も自分たちで生産ます。良質のブドウが取れない地方で替わりにビールを造っているものが「トラピスト・ビール」です。

トラピストビールには「シングル」「ダブル」「トリプル」という種類があるのですが、これはアルコール度数が最も低く(4.8%)、修道士たちが日常的に飲む「シングル」のシメイビールです。
ちなみに「シメイ赤」が「ダブル」(7%)、「シメイ白」が「トリプル」(8%)です。
「シメイ・ドレー」は門外不出のビールで現地でしか飲むことができず、長らく製品化されませんでしたが、2013年9月にようやく一般販売されるようになりました。
(ちなみに、オルヴァルのシングルに通称「オルヴァル・グリーン」、ウエストマールのシングルに通称「ウエストマール・エクストラ」というのがあります)

ビールと同様に、チーズも自分たちで作ります。この「シメイ・ドレー」でウオッシュしたチーズが、チーズの「シメイ・ドレー」です。
表皮を何度も洗って4週間ほどの熟成を経たチーズをさらに追熟させています。表皮は香ばしさを増し、記事はねっとりクリーミーな状態へと変化していきます。キャラメルを思わせるコクとやや甘みを帯びた味わい、そして余韻が残ります。

同じ産地同士のビールとチーズのペアリングを、ぜひこの機会にお楽しみください。

「クルー・リパブリック」 ドイツのクラフトビール入荷

ドイツ・ミュンヘンのクラフトビール「クルー・リパブリック」を入荷しました!
 
ミュニック・サマー        Crew Republic Munich Summer 
             サマーエール]   330ml 5.0%                    
ファウンデーション・イレブン   Crew Republic Fooundation 11  
           ジャーマンPA  330ml 5.5%                       
ドランクン・セイラー      Crew Republic Drunken Sailor 
              IPA        330ml 6.5%                    
7:45 エスカレーション     Crew Republic 7:45 Escalation 
       [ダブルIPA      330ml 8.5%                   

の4種類です。

ドイツにも「クラフトビール」の風が!
若い醸造士たちが、アメリカのホップビールに影響を受け、ドイツにはなかったタイプのエールを造りはじめています。
この「クルー・リパブリック」は、その「ネオ・ジャーマン」ビールの日本初上陸銘柄です。

ドイツはマッシング(麦芽から糖分を引き出す技術)が特に優れている地域です。そのしっかりとした麦汁の上に乗った、苦味と香りのホップ。そのバランスが絶妙な、アメリカにはないタイプの「クラフトビール」です。

ドイツの新時代の風を感じてください!

エグ・ヴィヴのパン

お土産、というか売り物ですが、忍路の「Aigues Vives(エグ・ヴィヴ)」のパンを買ってきました。切り売りしますので、お声をおかけください。2種あります。どんなビールに合うかは各自で見つけてください(まだ試してないの)。

また、南保留太郎商店のほっけ燻製も。こちらはシングルモルトですかね。でも甘みもあるから、デュンケルなんかもいいかも。


 

ラングル(ウオッシュ・チーズ) 入荷

フランス、シャンパーニュのウオッシュチーズ「ラングル」を入荷しました。
チーズの真ん中がポッコリとくぼんでます。このくぼみは「フォンテーヌ(=泉)」と呼ばれていて、熟成期間中に一度もひっくり返さないというその製法によるものだそうです。

シャンパンに合う、ということは、グーズ・ランビックにも合うのだと思います(まだ試していない…)。名前的に「ドリー・フォンティネン」なんかいいのかな?

<<back|<12345>|next>>
pagetop