July 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

セントパトリックデーとウイスキー

本日3月17日はセントパトリックデーです。(以下、特典は17日当日のみ有効です)


アイルランドで5世紀にキリスト教を布教した聖パトリックの命日です。

アメリカにはアイリッシュ系の移民が多いこともあり、日本でもこのお祭りが知られています。シンボルカラーがシャムロックの緑色なので、この日のコードカラーは緑です。

 

本日はサムシンググリーンなら、席代(300円)をサービスします。

 

 

アイルランドと言えばギネス。ロンドンのポーターに対抗して開発された「スタウト」の元祖です。
そのギネスの発祥地に敬意を表してスタウトは10%オフ。

また、どの国のビール・スタイルでも緑色のラベルのビールは5%オフします。

 


そして、ウイスキーも実は「アイルランドが発祥地」とされることをご存じでしたでしょうか?


蒸留技術がアラブから北上して伝わったため、スコットランドよりもアイルランドに先に伝わった、とされています。
さらには今日の主役、聖パトリック御当人がもたらしたという伝説もあります。

 

ウイスキーには「Whisky」と「Whiskey」(「e」の有無)の二つのスペルがあります。

前者がスコットランド系のウイスキーで、「e」が入るのがアイルランド系のウイスキーです。

 

アメリカンウイスキーやカナディアンウイスキーはアイリッシュ系のものが多く「Whiskey」と綴られることが多いです。

一部のバーボンで「Whisky」と綴られているものがありますが、そこはスコッチをルーツに持つ蒸留所だとわかります。(ぜひ探してみてください)

 

われわれジャパニーズウイスキーはスコッチ系なので「Whisky」と綴ります。
いわゆる「世界5大ウイスキー」のなかで、極東のジャパニーズが突然「Whisky」となっているのは、とても興味深いお話です。

 

なぜそうなのかは、数年前からウイスキーに興味をお持ちでしたらいろんなテレビや本でわかりますよね。😉

 

当店はほとんど「Whisky」の品揃えですが、まったく「Whiskey」がないわけでもありません。

 

ケルトパンクの雄「ポーグス」の公式アイリッシュウイスキー。2003年創業のウエストコーク蒸留所のウイスキーです。
アイリッシュは基本がブレンデッドですが(スコッチのような「シングルモルト」はほとんどない)、この「ポーグス」ウイスキーはモルト原酒の比率が高いそうです。

 

本日はポーグスを500円でご提供します。

 

 

ポーグス、かっこいいですよ!
The Pogues - WILD CATS OF KILLKENNY(キルケニーのワイルド・キャッツ)

 

pagetop