August 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

白老のホステル「haku」へ行ってきました

2019年5月の10連休は、初日26日の「紅桜蒸留所1周年記念パーティ」の他に、最終日2日間にお休みをいただきました。

先月4月にオープンしたばかりの白老のホステル「haku」へ行くためでした。

https://hakuhostel.com/

 

 

実はこのホステルのロゴ作成と内装を、当Maltheadsと同じデザイナーの方が手がけています。(※経営するオーナーとは別の方です

 

その方は数年前に札幌から白老へ移住したのですが、「白老に新しいゲストハウスができた」という情報を知り調べてみると、どうにも同じ空気感が。直接メールで訊いてみたところ、やはりビンゴでした。

 

しかも、なんと7タップのビアバーも併設! ここまで縁があっては行かない理由がありません。

 

 

 

この日は、「鬼伝説」(登別・ほぼ地元)、「ノースアイランド」(江別)、「忽布古丹」(上富良野)の3ブルワリーのビールが繋がっていました。鬼伝説の「金鬼ペールエール」が一番のオススメだそうです(さすが)。「金鬼」以外の6タップは、樽ごとに入れ替えです。


 

ホステルのフロント。この寄木の作り方、当店のカウンターと同じです。10年前に廃業した旅館をリノベーションしていて、このカウンター自体も廃材を使っています。よく見ると扉の取っ手が見えます。

 

デザイナーご本人とは、仕事で白老に不在だったため残念ながら会えませんでしたが、ホステル含めて白老を充分に楽しんできました。

 

白老に滞在・観光するのは初めての機会だったのですが、行ってみるととても良い雰囲気。この土地が、縄文時代〜アイヌ時代と定住の歴史が道内でも特に長い場所であることを肌で感じてきました。

 

現在は、なにか有名な観光地があるわけではありません。というのも、昨年「アイヌ民族博物館」を閉館し、国立の民族博物館「民族共生象徴空間 《ウポポイ》」を建設している真っ最中だからです。来年2020年4月の開館を目指しています。

 

 

街自体もその「準備」をしているような空気感。でもそれは「まだなにもやってない」空気なのではなくて、来年に備えて力を蓄えているような感じです。ノンビリと旅をしたい方は、むしろぜひ今のうちに一度訪れてみてください。現地はレンタサイクルがおすすめです。ポロト湖を一周するだけでも気持ちが良いです。

 

「haku」自体も「ワーク・イン・プログレス」という段階です。泊まった個室の壁は、アーティストにペインティングをするらしく「準備中」という状態。これから部屋の予約状況と画家さん双方のタイミングを見て描いてもらうのだそうです。

 

 ここに何が描かれるのかも楽しみです

 

来年の国立博物館開館時にはおそらく大きな話題になる土地なので、その前にこの雰囲気を楽しんでみてください。

JR駅からもすぐ近くなので、自動車のない方も、飲酒運転が気になるドライバーも行きやすいところです。

 

 

ビアバー兼カフェは、週一日程度のお休みがあるようですので、事前のチェックをしてください。

また、フードメニューは「これから」の課題だそうですが、燻製を中心とした簡単なおつまみがあります。

 

 

最後に。

こちらはいわゆる「ゲストハウス」(簡易宿泊施設)です。宿泊客自身の利用の仕方次第で、快適さが大きく左右されます。

アメニティなどは最小限(有料ならばあり)ですし、部屋内での飲食は禁止です(ラウンジおよびバーを使いましょう)。

あらゆる宿に高級ホテルのような「至れり尽くせりのサービス」を求める方はお気を付けくださいませ。

もちろん「スタッフのサービスが悪い」という意味ではまったくありません。とても居心地のよい宿で、ゆっくりと休めました。

 

 

haku  hostel + cafe bar

住所:北海道白老郡白老町大町3-1-7

TEL:0144-84-5633

https://hakuhostel.com/

pagetop