September 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

「開拓使の近代事業とお雇い外国人たち」パネル展 のご案内

 「開拓使の近代事業とお雇い外国人たち」というパネル展が、4月16日(月)から4日間、札幌駅そばの紀伊国屋書店札幌本店で行われます。
https://www.sapporo-info.com/event/detail?id=83196

 

 

開拓使麦酒(サッポロビールの前身)創業のキーマン、村橋久成を研究する「北海道久成会」の主催です。


2015年前にもここで村橋久成のパネル展を行っていましたが、今回は「お雇い外国人」にフォーカスを当て、広い視点で開拓時の技術・産業振興の歴史をたどるそうです。

 

岩内でホップを見つけたトーマス・アンチセル、北海道で麦作を奨励したホーレス・ケプロン(大通公園10丁目の銅像の人です)など、ビールにまつわる方々もたくさんいます。北海道のお雇い外国人は「クラーク博士だけ」じゃないんですよ〜。

 

異文化を日本に定着させるきっかけとなった人たちのお話です。そういう意味では、「クラフト」というものに興味のある人ならば須らく見ておくべき、くらいのものだと思います。
 

なお今回は4日間と短いですが、今後、札幌市役所内や琴似の方へ巡回する予定があるそうです。

 

 

 

 

pagetop