September 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

ブレークサイド・ヘイジーIPA 開栓

ブレークサイド・ヘイジーIPA樽生

Breakside Something Wicked Hazy IPA  (Draught)

(アメリカ・ポートランド市)

札幌の姉妹都市ポートランドのビール。"Something Wicked Hazy IPA" という長い名前なので、「ヘイジーIPA」とします。

 

「ニューイングランドIPA」という、新しいサブスタイルのIPAです。(「ニューイングランド」はイギリスのことではなく、アメリカ北東部の地方名です)

 

濁り(ヘイジー)が強く、色合いはまるでオレンジジュースのようです。
苦みはありますがモルトの甘みを強く押し出して、「トロピカル」なアロマを強調(モザイクとシトラのホップを多用)。本当に「ジュース」を飲んでいるような錯覚に陥ります。

アルコール 7%  スタイル:ニューイングランドIPA (IBU不明)

 

 

今年3月にオープンしたブレークサイドの第3醸造所「スラブタウン」のオープニングビールです。

紹介記事:http://beerpulse.com/2017/03/breakside-brewery-opens-new-slabtown-hop-lab-brewpub-5035/

 

アメリカ全土で地域ごとに多様に発展したIPAのすべてを造る「シーカー」(探究者)シリーズの一つです。これを含めて、6タイプのIPAを造ったそうです。参考までに引用します。まだ、日本には紹介されていないタイプのIPAもありますね。

 

• the golden, resinous, strong IPAs of SouthernCalifornia typified by friends at Pizza Port, Bagby, Beachwood, Noble Ale Works, and Ballast Point
• the soft , hazy and estery IPAs of New England in the vein of Hill Farmstead, Nightshift, and Trillium  (*今回のビールはこれ)
• the piney and citric IPAs of the Pacific Northwest and Northern California made timeless by Firestone Walker, Russian River, and Barley Brown’s
• the over-the-top, weighty IPAs of the Midwest inspired by Fat Heads, Columbus Brewing, Brew Kettle, Three Floyds and Surly
• the rich and saturating IPAs of the Mountain West a vein that runs from Melvin in Jackson WY south through Denver to Albuquerque, home of Bosque, La Cumbre, and Canteen
• the fruity and oily IPAs from the Southern Hemisphere.

 

 

 

pagetop