February 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29

「Ezoheads」事件 3月26日(日)発生

Maltheads が乗っ取られ、籠城される (というイベント)
 

26日15時ごろ、札幌市中央区のビール+ウイスキー専門店「Maltheads」で、店内を占拠される籠城事件が発生する。犯人グループは「えぞビール」を名乗り、店主の坂巻紀久雄さんを人質にしてカウンター内に籠城する。関係者の証言から、犯行グループの首謀者は札幌市中央区の飲食店「麦酒停」勤務、植野大作と判明。他にも1、2名の共犯者がいる模様。

現場に居合わせる人の話によると、店内の樽生ビールを出す「タップ」3本と、店内の冷蔵庫、ウイスキー陳列棚がすべて差し押さえられ、犯行グループが持ち込んだビール、テキーラと強制的に差し替えられている模様。人質の安否は確認されていない。

犯行グループと同名の会社を経営する、札幌市のフレッド・カフマンさんの関与は不明。

▽カフマンさんの談話
おいしいビール飲んでよ。


【事件発生日時】 2017年3月26日(日)15:00〜22:00 ※現場状況により解決が長引く恐れも(=延長あり)
【事件発生場所】 Maltheads   (札幌市中央区南3西8 大洋ビルB1)
【現場立ち入り】 現金賄賂(キャッシュオン)で立ち入り自由
【現場の状況】

  •   店内設備を完全制圧。カウンター内に籠城の模様。
  •   椅子は犯行グループが撤去(立ち席のみ)。
  •   樽生ビール(タップ)は3種占拠。ボトルビール&テキーラもすべて「えぞビール」輸入品に強制的に変更。
  •   犯行グループによる食事の「差し出し」がある。説得のための差し入れ(=フード持ち込み)は犯人を刺激する恐れがあるため厳禁。
  •   犯行グループへの懐柔策として「おごり」は有効。人質もそれを飲むことは許されている。



お楽しみに!

» read more

3月24日(金) Hobo Brewing キックオフイベント 『日々のアワー』〜Maltheads編

先日公開された"ファントム・ブルワー"「Hobo Brewing」(ホーボー・ブルーイング)が、Maltheadsにも登場します。

 

(*)「ファントム・ブルワー」とは、自分で特定の醸造場を持たずにビール造りを行うこと。ファントムは、「幻影」とか「実体を伴わない」という意味。デンマークの「ミッケラー」の成功を端緒として、日本でもその形態でビール醸造を行っている方がいます。

 

第一弾ビール「日々のあわ」を当店でも披露するに際し、Hobo Brewingの川村洋平氏をゲストとしてお迎えいたします。

今回は、帯広ビールでの醸造でした。帯広ビールとも縁の深い当店で、川村氏のお話を伺いながら、「日々のあわ」を楽しんでください。

イベントと言っても大げさなものではなく、通常営業内に行います。

これのみでのご来店も歓迎いたします。席数が限られております(9席)ので、「日々のあわ」のみをご注文のお客様で、立ち席をご了承のお客様は、ノーチャージとします。

 

川村氏来店:3月24日(金) 営業時間中にいらっしゃいます。

 「日々のあわ」が売り切れなければ、翌日以降もビールは繋がります。

 


-------------------------------------------------------------------------
◆川村氏による「日々のあわ」解説
ビールのスタイルはセッションIPAです。ホップの香りたっぷり、アルコール度数高め、すごく苦いといった従来のIPAをより飲みやすく。そのために、ホップの香りはたっぷりだけど、ちょっとアルコール度数は下げて、苦味もちょっと減らして、飲み進めやすいビールです。ぼくは、日頃からビールを時間の過ごし方のひとつと考えています。
そんな日々の時間をともに過ごすあわをイメージしてつくったのが今回の「日々のあわ」です。

-------------------------------------------------------------------------

川村洋平
1990年、札幌生まれ。大学中退後、日本各地を旅しながら多彩なつくり手と出会い、ものづくりに興味をもつ。同時期にクラフトビールにハマったことから「はこだてビール」に入社し、醸造を学ぶ。現在は札幌を拠点に「月と太陽Brewing」の醸造をサポートしながら、特定の醸造所をもたないファントムブルワリー「Hobo Brewing」を個人でスタート。

 

 

みらい会議 (イベント報告)

2月21日(火)、「北海道・札幌市政策研究みらい会議」のお手伝いをしました。今回は職員向けの非公開イベントでしたが、オープンなイベントもやっていきたいです。

 

[セミナー] ウイスキー入門 2月26日(日)開催

Maltheads 初開催のウイスキーのセミナーイベント 「ウイスキー入門」を開催します。

Maltheads のもうひとつのメインであるウイスキー。

今回のセミナーはごくシンプル。「こうすればキツくない! ウイスキーの美味しい飲み方」と「ウイスキーの基礎知識」を中心にお教えいたします。

 

【開催概要】
 日時:2017年2月26日(日) 15時00分スタート
 会場:Maltheads (モルトヘッズ)(札幌市中央区南3条西8丁目 大洋ビルB1)    https://maltheads.net
 定員:9名
 参加費:2,500円  ※当店のメニューから6種類を試飲予定
 

 

申し込み含め詳細は Webページをご覧ください 

 https://maltheads.net/info/1442539

 

ヱビスビール記念館館長 端田晶さん講演会 特別受付 (主催:北海道医療大学歯学会)

「北海道医療大学歯学会」の定例講演会として、ヱビスビール記念館館長であり、日本ビール検定顧問の端田晶さんの講演会が 3月4日(土) 行われます。
本来は歯科医療関係者のための講演ですが、学会からのご厚意で一般の方の参加を30名程度お受けできることとなり、当店が受付を委任されました。
 
テーマは札幌らしく、札幌開拓使麦酒の初代ブルーマスター中川清兵衛のお話です。苗穂の博物館でも味わえない、端田さんの軽妙なトークが楽しめる貴重な機会です。
 
参加申し込みをしていただければ、どなたでも聴講できます。お気軽にご参加ください。

 

申し込み含め詳細は Webページをご覧ください 

 https://maltheads.net/info/1440382

 

 

演題名:「開拓使で麦酒を創った男〜中川清兵衛伝」
講師:端田 晶  エビスビール記念館館長・日本ビール検定顧問
日時:2017年3月4日(土) 13:30〜15:00
場所:北海道医療大学札幌サテライトキャンパス
   札幌市中央区北4条西5丁目 アスティ45 12階
   ※当別ではなく、札幌駅前のアスティ45内です。アクセス
 

 

1/25(水) Maltheads バーンズ・ナイト

1月25日はバーンズ・ナイト。スコットランドの国民的詩人、ロバート・バーンズの誕生日を記念したお祭りの日です。

 

【Maltheads バーンズ・ナイト】
1月25日(水)20:00 から(人数集まり次第開始)
会費:特に取りませんが、1杯はウイスキーの注文をお願いします。ハギスは800円。

 また追加オーダーのウイスキーは、割引します。

 

ハギスを切り裂いて開ける儀式をします。ただ、それだけです(笑)が、ウイスキーをちゃんと飲んでみたかったという方歓迎です。飲み方も教示いたします。
* * *
今年もバーンズ・ナイトには欠かせない、スコットランドの郷土料理「ハギス」を造ります。

 

羊の臓物を刻んだものにスパイスで味付けをし、胃袋に詰め込んで茹でるだけのシンプルな料理です。スコッチウイスキー好きでしたら一度はその名を聞くかもしれませんが、日本では実物を食べる機会がなかなかありません。具材である羊の臓物がなかなか手に入らないのと、手に入ってもわりと高価なためです。当店でもなかなかメニューにできません。

アイラ島で食べた味を思い出しながら再現しています。既製品からの造りなおしではなく、羊肉からきっちりと作ってます。…といっても、ひたすら刻むだけなんですけどね(笑)。ただ、食感と味付けには自信があります。この料理をおいしく作れるかどうかは、単に現地で食べたことがあるかないかだけなのです。

 



これはイメージ。食べるのは中身だけで、マッシュポテトを添えます。

 

シュトレンとクリスマスビールのマリアージュ (森まゆみさんをお迎えして)

クリスマスにちなんだパンとビール。ありそうでなかった「シュトレン」と「クリスマスビール」のマリアージュです。
パン・コーディネイターの森まゆみさんと、ビアテイスターの坂巻紀久雄のコンビがお送りいたします。

 



【シュトレン】とは…パンというよりは「イースト菓子」なのですが、日本でも年末になると名だたるパン屋さんが腕を振るって作るようになってきました。ドライフルーツや卵、バターを贅沢に使い、1か月かけてゆっくりと食べていくというドイツの風物詩です。

【クリスマスビール】とは…クリスマス/新年の贈答向けに造られるスペシャルビールの総称です。とくにベルギーで広まっています。レギュラー製品よりも風味もアルコール度数も高いのが特徴です。

ともに4種類ほどご用意します。この時期にしかできない、贅沢な組み合わせです。


【開催概要】
日時:2016年12月11日(日) 16時00分〜18時00分
場所:Maltheads (モルトヘッズ)(札幌市中央区南3条西8丁目 大洋ビルB1)https://maltheads.net/
 イベント終了後、そのままMaltheads営業します。チャージフリーです。
参加費:4000円
定員:9名


【お申し込み方法】
1)Maltheads 店頭での申し込み(最優先いたします)
2)
https://maltheads.net/contact からメール。「シュトーレンとXmasビールイベント参加希望」と連絡先を書いてください。

3)Facebook のイベントページからの申し込み https://www.facebook.com/events/1617115434968987/
 

できましたらいずれかでお願いしたいですが、お店への電話の場合は 011-522-5152まで。ただし、ひとり営業のため、電話は出られないことが多々ありますのでご注意ください。

 

主催者からの参加承認を以って参加といたします。開催日近くにも連絡がない場合は、ご確認ください。

キャンセルは2日前まで。当日のキャンセルは、参加費を全額いただきます。

※店頭でも募集をしているため、予告なく定員を締め切る可能性があります。予めご了承ください。
※投稿は参加に関するやりとりのためにご使用ください。

 

2部制イベント 「初心者向けプログラムークラフトビール1年生ー」と「びあけんに効く! 2016年ビール10大ニュース」を開催

「第2部」は定員の9名に達しました。「第1部」は立ち席となりますが若干名OKです。ご相談ください。(11/28記)

 

12月4日(日)2部制イベント「初心者向けプログラムークラフトビール1年生ー」と「2016年ビール10大ニュース」を開催いたします。

 

2016年も年末が見えてまいりました。2016年は札幌もクラフトビールの新規店が多数開店し、いよいよビール専門店が特別な存在ではなくなってまいりました。

その2016年を振り返るとともに、今だからこそあえて「クラフトビールってなに?」という入門講座を行います
マーク・メリ『日本のクラフトビールのすべて』の翻訳者の一人であるJinya Kumagai氏をお迎えしての2部制のイベントです。

[第1部]「2016年ビール10大ニュース」
[第2部]「入門プログラムークラフトビール一年生ー」

 

片方のみの参加もできます。ただし定員間近の場合は、両方参加される方を優先いたします。


【開催概要】
日時:2016年12月4日(日) 14時00分スタート
場所:Maltheads (モルトヘッズ)(札幌市中央区南3条西8丁目 大洋ビルB1)
https://maltheads.net/

開催時間と参加費:
第1部(10大ニュース) 14:00〜15:30 参加費1500円+ワンドリンクオーダー
第2部(クラフトビール一年生) 16:00〜18:00 参加費2500円 (
※「第2部」は定員の9名に達しました
 両部に通しで参加の方は3500円となります。
 第2部終了後、そのままMaltheads営業します。参加者はチャージフリーです。

定員:第2部9名。第1部は、第2部参加者着席優先のうえ、立ち席でプラス何名かOKです。

【イベント内容】
[第1部]「2016年ビール10大ニュース」
Kumagai氏とMaltheads坂巻が、それぞれ10本のビールニュースを選びます。それぞれ解説を行ったのち、まとめとして、何が同じで何が違かったのか、それはなぜかを二人でパネルディスカッションします。

第2部参加者を想定しております。「クラフトビールに興味はあるけどよく知らない」という方こその参加を歓迎します。「最前線では何が起こっているのか?」「ビール好きはビールをどうやって楽しんでいるのか?」ということが、実践的にわかると思います。

約90分の予定です。第1部のみの参加も大丈夫です。


[第2部]「入門プログラムークラフトビール一年生ー」

1. クラフトビールとは何か
2. クラフトビールの多様性
3. ビアスタイルという便利な道具
4. クラフトビールが飲めるお店の楽しみ方、具体的なお店
5. クラフトビールが買えるお店の楽しみ方、具体的なお店
6. 家でクラフトビールを楽しむ方法
7. クラフトビールが楽しめるイベント
8. 試飲3銘柄

 1〜3 担当Kumagai
 4〜8 担当坂巻

約90分の予定です。

誰かやっていそうで意外と開かれていなかった、「クラフトビール」の入門セミナーです。
「クラフトビール」という言葉さえも知らない方を想定して進行いたします。もちろん、すでにビアバーなどへ通いなれている方にも楽しめる内容です。
第1部に興味があるようなビール好きの方で、身近にクラフトビールの楽しさを伝えたい方がいれば、ぜひお誘いください。

【お申し込み方法】
1)Maltheads 店頭での申し込み(最優先いたします)

2)maltheads@gmail.コム (*) へ「12月4日のイベント参加」というタイトルで、どちらの部に参加するかをメールしてください。  (* SPAM防止用の表記です。.comに変えてください)
 

店への電話は出られないことが多々ありますので、できましたらどちらかでお願いします。

メールは必ず折り返し確認をいたします。もし期日間近で返事のない場合はお問い合わせください。

 

※当日キャンセルは、100%の参加費を頂戴します。
※店頭でも募集をしているため、予告なく定員を締め切る可能性があります。予めご了承ください。

 

10月23日は「モルの日」

Maltheadsの公式略称は、実は「モル」です。

長い名前でもないですし、略さず「モルトヘッズ」と呼んでもらいたいのですが、なんでも略して呼びたがるのは人の常です。しかし、つい「モルへ」と略している人はいませんか? それだけはやめてください(笑)。

 

さて、10月23日が「モルの日」だそうですので(今年は日曜日)、なんてことのない小イベントをします。


1023日(日)午後602分スタート
・チャージが6.02円(99銭以下切り上げ)
・サッポロクラシック樽生を602円で提供します。(何杯でも)
・800円以下のモルトはどれでも602
…などなど(当日もうちょっとあるかも)


お得だかなんだかよくわからない特典ですが(笑)、その程度のイベントです。ダジャレです。こういうバカバカしさがお好きな方は、お気軽にいらっしゃってください。


なお、「モルの日」の由来については、いろいろとお調べください。http://www.nnh.to/10/23.html

 

 
簡単に言えば、アボガドロ定数「6.02*10^23」にちなんだ日です。バリバリの文系出身なので、私もよくわかってませんからご安心を(笑)。

「さっぽろオクトーバーフェスト」でトークイベントに参加します(毎日曜日)

「さっぽろオクトーバーフェスト2016」会場(大通1丁目・テレビ塔下)で、トークイベントに参加いたします。

 

http://www.sapporo-oktoberfest.com/

 

期間中3回ある日曜日は「ビールセミナー」を担当いたします。

BEER CELLAR SAPPORO のファルコンこと森岡君とステージにおります。

セミナーというよりは、ビールトーク的な軽い内容です。二人の軽妙な(笑)トークをお楽しみください。

 

第1弾:9月11日(日)15時〜 30分程度
第2弾:9月18日(日)15時〜 
第3弾:9月25日(日)16時15分〜 (この日、店舗はお休みをいただきます)

 

 

<<back|<123456789>|next>>
pagetop