September 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

6月9日 7周年を迎えました

2013年に開店をしてから7周年となりました。

 

こんな異端のお店が7年も持つとは率直に悪運が強いと思っておりますが、その運を支えてくださっているのはまさに皆様のおかげです。どうもありがとうございます。

 

6月9日だったのは大安で日取りが良かったのもあるのですが、このアルバム『69/96』とのシャレにもなるから、という理由も大きいです。
1996年6月9日発売、カタログNo.69、トラック数96。
Cornelius、サブスク配信されるようになりましたが、これは未だに解禁されないですね(笑)。

 

(隣のビール「Yマーケット ヒステリックIPA」はジャケットのイメージに合わせた「映え」セレクトです。ラスト1本なので売切勘弁ください)

 

2月4日(火)より通常営業いたします

2月4日(火)から通常営業いたします。

今日は立春。暦の上では今日から春になりますが
…という定型句を今日は朝からたくさん聞いていると思いますが、本日が暦の新年。
それに合わせて通常営業といたします。

 

 

また、2月1日・2日(土・日)は、Sapporo Winter Beer Festival 主催のため、お休みをいただきました。

SWBF2020image.jpg

 


 

夫婦で「日本ビール検定1級」に合格しました

店主の妻が2019年開催の第8回日本ビール検定(びあけん)1級に合格しました。店主は2013年・2014年に全国で初めて連続合格を果たしており、これで夫婦で「びあけんマスター」となりました。


 

 

1級は例年合格率が低く、過去最高だった今回も9%でした。7回開催された現時点でも人数はいまだに94名(のべ)、平均合格率は6.3%です。

 

われわれ夫婦を直接ご存知の方の中は「ビールで結婚した」と思っている方が多いかもしれません。しかし実は、お酒は結婚してからの趣味(きっかけはORIGINAL LOVE)。モルトウイスキーからお酒にハマり、ビールに辿り着いたのでした。もともと妻の方が味覚のセンスはずっと優れているので、やっと面目躍如といったところです。

 

さて、これだけだとアレなので(笑)、「びあけん」と北海道の関連トリビアも。(独自調べ)
・1級複数回合格者は札幌からの2名が日本初(自分含)
・1級受験機会連続1位の方は札幌の方。今回もキープ。
・7回連続して70点代の方が札幌にいる(80点が合格ラインなので1級ではないが、70点以上は次回割引特典がある。逆に難しい)
・3回開催された時点(2015年)では1級合格者の20%が北海道の人だった。「1級合格者の集い」が札幌でも開催(東京以外では唯一の開催)。
・試験範囲が広いために「プロがなかなか受からない」のも特徴。未だにビアバー関係者は数名のはずで、そのうち2人が札幌(自分含)。
・夫婦1級合格は日本初(のはず・調査中) 公式に「初のご夫婦で1級」と認められました。

■「びあけん1級合格者の集い(新年会)」開催レポート


なお、「ウチで雇ってあげる」と言ったら即答で「断る」と言われました。😠

※妻は別の仕事をしております

 

 

6月9日で6周年

 Maltheads は、2019年6月9日(日)で6周年を迎えます。

 この奇妙なお店が細々とでも続いているのは、日頃の皆様のご愛顧のおかげ、と感謝しております。どうもありがとうございます!

 

5周年のとき「周年を迎えるたびに年々『ハードル』が上がっているのも実感しております。次の6周年という高いハードルを無事越えられますよう頑張ります」と書きました。

この1年でさらにまたハードルが上がった実感があります。

まずは7周年、いや6周年と1か月を次の目標とし、できるところまで頑張ってみます。

2019年6月7日 坂巻紀久雄 拝

 

 

 

PS

7日〜9日は、ささやかに6周年お祝いします。

https://www.facebook.com/events/1310124799150461/

 

 

6年目の春。新スタッフ&スピーカー増設

Maltheads史上初のスタッフ、谷 翔悟(たに・しょうご)くんをご紹介します。

4月3日がデビューです。今後「不定期」でお手伝いをしてもらいます。いつもいるわけではなく、当たればラッキー!くらいで考えてください。次回未定ですが、当日にはSNSで告知いたします。


谷くんがいる間は、「本日のタニ フード」もご用意しております(タニフードのラストオーダーは23時半)。当店いつものスナックメニューももちろんあります。

 

また火曜日のお休みで大掃除をしまして、スピーカーを追加設置しました。AMラジオ以下と揶揄された音質が、なんとかFMラジオくらいにはなりました。

 

6周年を目前に、緩やかに変化していきます。よろしくお願いいたします。

 

6月9日で5周年を迎えました

 Maltheads は、2018年6月9日(土)で5周年を迎えました。

 西8丁目のビルの地下1階という立地条件にもかかわらずこの日を迎えられましたのは、日頃の皆様のご愛顧のおかげ、と感謝しております。どうもありがとうございます!

 

 クラフトビールもウイスキーも「ブームだ」とかなんとか言われる中で、さまざまなお店が現れ、当店のようなアナクロで奇妙な「拘り」のお店が続いているのは、ありていに言って「奇跡」であると自負しております。

 酒という人類の文化の結晶に対して、間違ったイメージだとか的外れな偏見だとかに縛られることなく、ダイレクトにその「おいしさ」に気づいてもらいたい、それを知って味わって楽しんでもらいたいだけです。Maltheads が現在できる「サービス」は、ひとえにそれだけなのです。

 周年を迎えるたびに年々「ハードル」が上がっているのも実感しております。次の6周年という高いハードルを無事越えられますよう頑張りますので、応援のほどよろしくお願いいたします。

坂巻紀久雄 拝

営業時間変更:18:00〜25:00 & デザインリニューアル

2017年11月18日より営業時間を変更いたします。

 open: 18:00 (former 19:00)
 closed:25:00 (former 25:30)

となります。開店が1時間早まります。

 

[追記]はじめ26:00と書いてしまいましたが、25:00(am1:00)の誤りでした。大変申し訳ございません。

 

 

なお、フードメニューはおつまみ程度の軽いメニューが中心となります。夕食を兼ねてお越しのお客様は、2軒目以降のご来店をお勧めいたします。同じ大洋ビル内には、『ミシュラン』掲載店など素晴らしいお店がたくさんございますので、そちらもご利用ください。

 

また同日、ホームページデザインを変更いたしました。

今後とも、よろしくお願いいたします。

 

https://maltheads.net/info/1807188

 

お詫び & サッポロパーフェクトクラシック 開栓

フォレスト→清田区20周年ビール「LAT43」仕込みによる臨時休業→「SAKEパラ縁日」出店(これは半年前からの約束でした)

 

と連続しまして、今月はなんと今日までに8日間しかお店を開けられていませんでした。大変申し訳ございませんでした。

 

 

本日(16日)はもちろん、9日目の営業をします。次は25日(火)くらいまでは休まないつもりです(倒れない限りね)。

 

 

今日は、パーフェクトクラシックです。

 

BBW札幌みつけた キャンペーン

ベルギービールウイークエンド札幌」がいよいよ開催です。
6月24日 (土) 〜 7月 2日 (日)
ハッシュタグ「#BBW札幌みつけた」を付けて「ベルギービールウィークエンド2017 札幌」のポスターやチラシの写真をFacebookやInstagramにアップすると、抽選5名様にBBW札幌ペアチケットが当たります!

当店でもぜひどうぞ!

 

 

「Maltheadsはクラフトビールのお店だから、ベルギービールはないんですよね」とよく聞かれました。
でもそれを言うなら、ウチは「クラフトビール」もぜんぜんないです。あるのは単にビールだけ。

[お願い] ドアとイスの調子が悪いです

ドアの調子が悪くなっています。ちゃんと閉まらないので、無理に閉めようとしないで大丈夫です。当店のドアは自然に閉まります。


またご存知の通り、椅子も軒並み寿命を迎えています。背もたれがあるので「凭れないで!」とは言えませんが(本音としては言いたい…)、ほどほどにしていただけると大変助かります。また、カウンターと高さが合わないのは承知の上ですが、過度に椅子の高さを上げないでいただくとありがたいです。

 

徐々に直しますが、一度に直せるものではありません。勝手ながらご協力をいただければ幸いです。

 

 

 

 

12345>|next>>
pagetop