March 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

なんか目に留まったニュース 2015/10/16

半年ぶりにこのシリーズ復活です。

■なんか目に留まった【ウイスキー】ニュース
イチローズこと秩父蒸留所の肥土社長へのインタヴュー。
http://whiskymag.jp/ccb_d1/

ビール界は「ホップ不足」と言われますが、ウイスキー界では深刻な「樽不足」が問題となっています。ホップ不足に関しては将来的には解消される可能性があるのですが、逆に樽不足に関しては、熟成の浅い蒸留酒の人気が下がっていることを考えると、解消は簡単にはいかない面があるように思います。

クラフトビールのバレルエイジング(樽熟成)にも言及していますので、ビールなお方も是非。後半も楽しみです。


 

なんか目に留まったニュース 2015/4/14

◆なんか目に留まった【ウイスキー】ニュース

・クラフトウイスキー
http://www.gaiaflow.co.jp/blog/?p=275
 「マイクロ・ディステラリー」ではダメなの? というか、「クラフト」という言葉がいよいよビールの垣根も超えてきていると思わせられます。クラフト・ワイナリーという言葉もあるんでしょうね(調べてないけど)。

 なおこのニュース、軽井沢(旧メルシャン)の蒸留施設を静岡に移設してウイスキーを造る、というニュースでもあります。

※ネットをやっていて「なんか目に留まったニュース」を、ゆるくまとめてます。気になるニュースのご紹介なので、必ずしも店のメニューとは関係がありません。
 

なんか目に留まったニュース 2015/4/13

このシリーズ、最近断続的になってきてますが、やはり最近たくさんの記事が流れていて追い切れないのです。まぁ、思い出したころにやります。

◆なんか目に留まった【ビール】ニュース
※ネットをやっていて「なんか目に留まったニュース」を、ゆるくまとめてます。気になるニュースのご紹介なので、必ずしも店のメニューとは関係がありません。

・機能性ビールについての2記事
開発的側面から(アサヒのザ・ロイヤルラベル開発秘話)
http://diamond.jp/articles/-/68789
こういう"無茶ぶり"を現実のビールにしてしまう大手メーカーの「クラフトマンシップ」には、心の底から敬意を表します。

こういうビールが「売れる」(求められている)というのは、まぎれもない現実です。だけれども、自分が求める「ビールのおいしさ」とは、なんだかかけ離れているなぁ、とも思います。みそ抜きで味噌汁を作ろうとしているような違和感。塩分を控えるのはわかるとして、それなら足りない味を具で工夫すればいいのにね、と思うんですが。

「発泡酒」の反動が「プレミアムビール」だったように、「クラフトビール(ブーム)」の反動がこういう機能性ビールなのでしょうかね。

またこちらは、健康的側面からの記事。併せて読むと面白いです。
「糖質ゼロのビールを飲めばダイエットできる?」
http://robust-health.jp/article/cat29/mohnishi/000535.php

なんか目に留まったニュース 2015/3/21

◆なんか目に留まった【ウイスキー】ニュース

※ネットをやっていて「なんか目に留まったニュース」を、ゆるくまとめてます。気になるニュースのご紹介なので、必ずしも店のメニューとは関係がありません。

・「ワールド・ウイスキー・アワード」結果速報
http://whiskymag.jp/wwa2015_final/
 ここ一両日、巷に「ワールド・ウイスキー・アワード」のニュースが溢れてたわりに、なぜかぜんぜん流れてなかった情報。
 ウィスク・イーが「インポーター・オブ・ザ・イヤー」で受賞! おめでとうございます。
 山崎蒸溜所も「世界で最も素晴らしいウイスキーづくりを体感できる蒸溜所」で受賞(余市好きですが、これは納得)。
 サントリーの輿水氏が、日本人初の殿堂入り。
 さらに台湾のカバランも「ベスト・モルトウイスキー」受賞。
 アジアン・ウイスキーが面白くなってきました!

・ブルイックラディの新作
http://whiskymag.jp/br_ib/
 アイラモルト「ブルイックラディ」の新作シリーズニュース(これらがあるわけではないです)。彼らの見ている方向は、「クラフトビール」の人たちと同じ方向だと思います。

なお、しばらく品切れを続けていた「ブルイックラディ・スコティッシュバーレイ」復活しました。
スコットランド産の大麦100%使用。アイラ・モルトですがノンピート・モルトです。ブルイックラディは、人気のピートの効いたウイスキーは別ブランド (オクトモア)などに託し、オリジナルのブランドはあえてノンピートにする、という大胆な方策を打ち出しています。しかしこれも「原点への回帰」で、むし ろアイラ島の昔の味を再現している方向なのだそうです。「アイラと言えばピート!」と(だけ)思っている方にこそ飲んでいただきたいモルトです。

余談:今気づいたのですが、輸入元の日本語表記は「ブルックラディ」なんですね。http://www.rcjkk.com/products/bruichladdich/

なんか目に留まったニュース 2015/3/10

※ネットをやっていて「なんか目に留まったニュース」を、ゆるくまとめてます。気になるニュースのご紹介なので、必ずしも店のメニューとは関係がありません。

◆なんか目に留まった【ビール】ニュース

・Portland Beer Guide 2015
http://www.wweek.com/…/article-24124-portland_beer_guide_20…

Beervanaことポートランドのビアガイド。
「1時間以内で行ける醸造所」リスト、数えたら88か所! 意識して追っているのでずいぶんブルワリー名には馴染んできたけど、まだ現地の感覚がないなぁ。いつ行けるんだろうか?(--;

東京から来た人なんかに「最近ポートランドのビール多いですね」と言われるのですが、その原因の一端は当店にもあると言ったら、思い上がり!? →「札幌を日本のビールの首都に」http://maltheads.net/photo/album/217058

・(おまけ)サードウエーブコーヒーもポートランド
http://trendy.nikkeibp.co.jp/arti…/pickup/20140910/1059950/…
日本ではビールとどっちが先に定着するかな!?(まぁたぶん…) この記事の中の「エシカル」って言葉、今後ビールにも使われるようになるんでしょうねえ。

・170年前のビールの本来の味が判明
http://www.gizmodo.jp/2015/03/170_3.html
 これは大変興味深いです。海水が入って飲める代物ではなかったが、成分を分析してみたら酸味が多かった、と。
 今流行りの「サワービール」は、いうなれば<先祖返り>なわけですね。



 

◆なんか目に留まった【ウイスキー】ニュース
・厚岸のウイスキー
http://e-kensin.net/news/article/8370.html
昨年11月に発表された厚岸のウイスキー話はどうなったかな?と気になって検索したら具体的な数値のあるニュースに引っかかりました(日付は古いです)。

住所を地図検索してみました。https://goo.gl/maps/uMcta
アイラ島の諸蒸留所のように海岸沿いではない。津波のことを考えると致し方ないのでしょうね。もちろん、潮風の影響は入るでしょう。
最近聞いた噂では、製造する方も決まっているそうです。楽しみですね。

なんか目に留まったニュース 2015/3/5

◆なんか目に留まった【ウイスキー】ニュース
※ネットをやっていて「なんか目に留まったニュース」を、ゆるくまとめてます。気になるニュースの紹介なので、必ずしも店のメニューとは関係がありません。

・「2.81回蒸溜」とは?
http://whiskymag.jp/mortlach/

モートラックの特殊な蒸留法について。これは面白い。ベルギービールの「クリーク・デ・ランケ」の製造方法を連想しました。が、あの複雑な製法を解説していたページのURLがわからなくなってしまった…。


・シェリー樽の真実
http://whiskymag.jp/jmm_1/
当店のラインナップを熟知の方なら意外に思うかもしれませんが、実はシェリー樽大好きです。好きすぎて、うかつに置けないのです…。(そろそろお値打ちなのを選定してかないと)

 

◆なんか目に留まった【ビール】ニュース

・多摩最古のビール復刻へ
http://www.yomiuri.co.jp/…/to…/news/20150303-OYTNT50446.html
明治期にも「クラフトビールブーム」はありました。8年やってても、時代には埋もれる。15年前の地ビールブームの閉鎖ブルワリーたちもこういう扱いになるのだな。

 

なんか目に留まったニュース 2015/3/2

軽井沢絡みで2件。

◆なんか目に留まった【ウイスキー】ニュース
・ガイアフローが軽井沢蒸留所設備を落札
http://www.gaiaflow.co.jp/blog/?p=249
インディアンウイスキーの「アムルット」輸入の(というより、ブラックアダーか^^;)ガイアフローが、旧メルシャンの軽井沢蒸留所を手に入れたそうで す。復活の可能性もあるそうです。スコッチの世界では当たり前の、蒸留所の閉鎖/再開をこんなに身近に見られるとは、いや〜なんか盛り上がります。 (≧▽≦)

 ネットで拾った軽井沢の展示用の蒸留器画像。97年ごろ、行ったことあります。

◆なんか目に留まった【ビール】ニュース
・軽井沢ビール商標争い 「高原」と「浅間高原」 
http://www.yomiuri.co.jp/…/na…/news/20150227-OYTNT50209.html
これは…ノーコメント。


※ネットをやっていて「なんか目に留まったニュース」を、ゆるくまとめてます。感想とリンクのみ。単なる情報のまとめであって、店のメニューとは関係がありません。

なんか目に留まったニュース 2015/2/9

※ネットをやっていて「なんか目に留まったニュース」を、ゆるくまとめてます。感想とリンクのみ。単なる情報のまとめであって、店のメニューとは関係がありません。

◆なんか目に留まった【ビール】ニュース

・酵素の真実!?
http://www.chem-station.com/blog/2014/11/enzyme.html
 意外と混ざりがちな「酵母」と「酵素」の違い。酵母は生物ですが、酵素は物質(アミノ酸)です。
 こないだ本屋へ行ったら「生化学」の棚が面白かったので、時間ができたらいろいろ読んでみたいです。


◆なんか目に留まった【ウイスキー】ニュース

・密造時代の蒸留器(動画)
https://vine.co/v/bQU0hzEeUeQ
 こういう小さいポットスチル(蒸留器)を使って、蒸留していたわけですね。今は、最低容量がもっと多く決められているので、こういう蒸留器では蒸留していません。

 

なんか目に留まったニュース 2015/2/4

※ネットをやっていて「なんか目に留まったニュース」を、ゆるくまとめてます。感想とリンクのみ。単なる情報のまとめであって、店のメニューとは関係がありません。
1月はサボっていて少し溜まっていたので、古いニュースが混ざります。

◆なんか目に留まった【ビール】ニュース

・オレゴン州の2014年 酒トレンド
http://oshuushu.blogspot.jp/2015/01/blog-post.html
当店のキーである米国ポートランドの周辺の2014年まとめです。ビール醸造所は58社にまでなったそうです。ビールだけではありません。サイダリー、ワイナリー、ディステラリーの伸びが著しい。これを「北海道」と置き換えてもいいと個人的には思っています。

・ワシントンポストがオレゴン州を「クラフトビール最良の州」と報道
http://www.washingtonpost.com/opinions/best-state-in-america-oregon-for-craft-beer/2014/11/26/01cbdeb0-7421-11e4-9c9f-a37e29e80cd5_story.html
 翻訳:http://bit.ly/1uktBks
一人当たりのブルワー数が多く、環境が素晴らしい、と言うことのようです。



◆なんか目に留まった【ウイスキー】ニュース

・イチローズモルトの若い力
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO81875000T10C15A1000000/
 とくに動画がオススメです。イチローズがどういう環境で造られているのかが伝わってくる良記事です。(スチルマンの山岸さんは札幌出身です^^)

なんか目に留まったニュース 2015/1/4 (ビール)

◆なんか目に留まった【ビール】ニュース

ちなみにこのシリーズは店のPCから更新してますので、これが出ている日は営業しております。

※ネットをやっていて「なんか目に留まったニュース」を、ゆるくまとめてます。感想とリンクのみ。単なる情報のまとめであって、店のメニューとは関係がありません。

・現実味を帯びるキリンとサントリーの再統合
http://biz-journal.jp/2015/01/post_8454.html
ビール的興味と言うより、経済学的興味があります。世界規模で見たら、日本の大手ブルワーなんて小さいですからね…。


・地ビールのブームで大学にも異変が…
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/41164
 アメリカでビール醸造学科が増えている、と言うお話。日本もそうなるといいのですが。


 
1234>|next>>
pagetop