February 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28

ウインター(クリスマス)ビール 入荷始まる!

冬こそビール! 冬のお楽しみ、ウィンタービールの入荷が始まりました。

 

第1弾は、こちら。

  • コルセンドンク・クリスマス
  • グーデンカロルス・クリスマス
  • プレアリス・クリスマス
  • アンカー・クリスマススペシャル・エール
  • ゴロワーズ・クリスマス
  • デリリウム・クリスマス

※「アンカー」のみアメリカ。それ以外はベルギー

 

「クリスマス」と付いていますが、クリスマスのプレゼント向けに造られたビールが原型です。

贈答商品ですからレギュラー製品よりも贅沢な作りになっているうえ、寒い時期に飲まれることを想定してアルコール度数が高めのものが多くなっているのが特徴です。

冬の間はおいしく召し上がれますし、むしろ年を越したくらいのほうがしっかりと熟成してきます。

 

また、2月3月となってきますと、修道士たちが断食の間に飲むことを許された「修道院ビール」の飲みごろとなります。

 

冬の間、次々とウインタービールを入荷していきますので、存分にお楽しみください!

 

 

 

 

 

 

ニセコ・パンプキンエール 限定入荷

かぼちゃ大王の季節となってまいりました。
限定入荷「ニセコ・パンプキンエール」入荷です。ボトルにもれなくノベルティが付いています。

長期熟成しております。野菜の青臭さを打ち消した仕上がりになっているうえに、軽いエールながらも熟成感があります。

 

 

限定100本、本来はニセコへ直接行かないと買えません。

当店もごくわずかの入荷ですので、売り切れはご容赦ください。

 

公式リリース(Facebook):
https://www.facebook.com/nisekobeer/photos/a.401847913304482.1073741828.390783404410933/712036122285658/

サッポロクラシック富良野VINTAGE2016 中瓶 入荷

サッポロクラシック富良野VINTAGE2016 中瓶 を入荷しました。

8月に上富良野で収穫されたフラノ・スペシャル種のホップを乾燥させずに使用した限定品です。

 

 

製品がたくさん出てきて、今年になって耳にする機会も多くなってきた「フレッシュホップ」のビールです。

日本の4大大手メーカーの中では、まだ唯一の製品となるでしょうか? 少なくとも歴史はもっともある製品です。今年で9年目となります。

 

 

2015年の収穫当日のホップ畑の様子。くわしくはリンク先を。

 

毎年味が変わるのが、この製品の特長。今年はどんな味でしょうか?

缶でも販売されておりますが、より優良な状態が期待できる瓶でお試しください。

※まだ樽詰め製品は実現しておりません。

http://www.sapporobeer.jp/news_release/0000021406/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

[SCBF参加ブルワリー シリーズ] サンクトガーレン 入荷

当店も実行委員を務める、サッポロ・クラフト・ビア・フォレスト参加ブルワリーのビールを、これから入れ替わりで入荷していきます。

樽で扱うには限界がありますので、ボトルを中心にお届けしていきます。

 

第1弾は、神奈川県のサンクトガーレン。

「湘南ゴールド」と「パイナップルエール」の入荷です。

 

 

日本のクラフトビールの真のパイオニア。1993年、アメリカでビール造りを開始し、それが日本メディアで話題に。世論の盛り上がりを受け、翌年には日本でも地ビールが解禁。サンクトガーレンがクラフトビールの幕を開けたのです。

 

15年前にはじめて働いた店でも扱っていました。追加注文をしたときに一時休止のお話を伺い驚きました。

「きっと復活してくださいね!」とお話したのですが、ご存知の通り見事に復活。そのとき電話でお話しした岩本社長と、昨年はじめてお会いできたのが自分の中では大きな思い出です。(さすがにご本人は覚えていらっしゃいませんでしたが^^;)

 

 

 

 

 

 

ヘア・オブ・ザ・ドッグ DOGGIE CLAWS & 志賀高原 MONKEY CLAWS

「ヘア・オブ・ザ・ドッグ DOGGIE CLAWS」と「志賀高原 MONKEY CLAWS」の揃い踏みです。
札幌で両者が飲めるのは(たぶん)当店のみです。



オレゴン州ポートランドの「ヘア・オブ・ザ・ドッグ」(以下HD)は、長期熟成ビールをメインとして造る特異なブルワリーです。
「札幌を日本のビールの首都に」というテーマで姉妹都市ポートランドのビールを扱ってきた当店では、開店以来のレギュラー品目です。…が、長期熟成品がメインのため大変高値なビールでもあります。

昨年札幌に、HDのオーナー一家がヴァカンスに来まして、当店にもご来店いただけました。どうやらそのあと長野へも足を延ばしたようで、そこで志賀高原ビールとコラボレーションを果たしていたようです。…「ようです」と言うのは、実はこのビールが入荷されるまで、そのことを知らなかったためです。(^^;)

HDのバーレイワインが「ドギー・クロース」です。そのドギー・クロースをベースに志賀高原流のホップと自前の酵母で長期熟成をしたのが、今回入荷の「モンキー・クロース」です。






 

サイダー(シードル)特集 & 空知クラフトビール入荷

日本とアメリカのクラフトサイダー(シードル・リンゴ酒)を揃えました。



(前列左から)
「ベアレンサイダー1st」「ベアレンサイダー3rd」(各ベアレン醸造所)、
「空知りんご&ドライ」(空知クラフトビール工房)

(後列左から)
「オリジナル・シン」ニューヨークのサイダー
「アングリー・オーチャード 」(辛口) サミュエルスミス社製のサイダー
「オリジナル・シン・エルダーベリー」ニューヨークのサイダー


また、「空知クラフトビール工房」のビールも、3種限定入荷しました。
 ピルスナー、ヴァイツェン、ペールエールです。



 

新入荷ゲストビール(2016/01/18)

今週はお休みの予定はありません(次のお休みも未定です)。
時期的に、かなりまったりとした営業となると予想されます。週末にいらして「いつも座れない」とお嘆きの方(そういうタイミングは稀にしかないので、実は「ラッキー」なのかもしれませんが^^;)は、ぜひお時間を作ってどうぞ。

新入荷の限定入荷ビールです。(数本ずつの入荷。売切れ御免)



■ボディントンズ    [ペールエール]    イギリス    4.8%
イングランドの王道ペールエール。「マンチェスターの泡」と呼ばれるきめの細かい泡を再現。

■フィッシュ・ホジソンズIPA    [IPA]    アメリカ    6.5%
IPAを生み出したという伝説のホジソンの名前を使ったIPA。アメリカのIPAでありながらも、派手すぎないクラシカルな苦味に。

■ブリュッセル・ビア・プロジェクト デルタ    [ベルジャンIPA]    ベルギー    6.5%
苦み、香りが強いIPA。醸造所を持たない醸造家による、いわゆる「ファントム」ブルワリーのビール。

■マルール6    [ゴールデンエール]    ベルギー    6.0%
「災難」という意味を持つベルギービール。味とは裏腹に、親しみやすい飲み口とふくよかな風味を持つ黄金色のビールです。





 

箕面 入荷

箕面ビールの3種類、限定入荷です。



箕面・ゆずホ和イト      ゆずが優しく香る、小麦ビール。
箕面・こざるIPA      ゴールデンエールのセッションスタイルIPA
箕面・ボスざるIPA        黒いIPA。苦味が強い。

 

新入荷ゲストビール(2016/01/07)

新入荷ゲストビール。
・初陣(日本=ベルギー)
日本のファントムブルワリーによるベルギービール
・ウルテル・ホップイット(ベルギー)
新興ブルワリーのベルジャンIPA
・箕面ゆずホ和イト(大阪)
ゆずを使ったホワイトビール

各種2〜3本ずつのみ。売切御免です。


パン酵房 fu-sora(遠軽) 石臼挽き粉のシュトレン 2015

パン酵房 fu-sora(遠軽)石臼挽き粉のシュトレン 2015
入荷しました。クリスマスビールとともにお試しください。

シュトレンは、ドイツの伝統的なクリスマスの発酵パン菓子。
クリスマスの4週間前の日曜日から少しずつ食べ始めます。日をおくごとに熟成が進みます。
薄くスライスして召し上がります。
fu-soraさんでは、シュトレンの生地に自家製粉した石臼挽き粉のみを使用しています。

使用麦粒: オーガニック認証小麦(北海道新篠津村 ファーム田中屋) 86
        自家製無農薬栽培ライ麦 14
% 

自家製酵母、自家製ライサワー種



農家のパン屋 パン酵房fu-sora
http://shop.fu-sora.com/



 
12345>|next>>
pagetop