July 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

7月4日(土)5日(日)「ひとりフォレスト」※開催時間注意

今年は開催中止をした「Sapporo Craft Beer Forest 2020」。

開催予定だった7月4日(日)と5日(土)に、Maltheads は「ひとりフォレスト」をやります。

※「Sapporo Craft Beer Forest」のイベントではなく、Maltheads 単独のイベントです。

 

  • 7月4日(土)OPEN 17:00  CLOSED 23:00 ※通常通りの営業時間
  • 7月5日(日)OPEN 12:00  CLOSED 18:00 ※昼飲み・早開け早仕舞い

※2日目の5日は、所用により早仕舞いの必要があるため昼飲み営業といたします。いつもの営業時間にいらっしゃると終了しておりますので、お気を付けください。

 

 

詳細は、公式ページをご覧下さい。

https://maltheads.net/info/3366633

 

【不定休】次のお休み:7月2日(木)・6日(月)

次のお休みは、7月2日(木)および 6日(月)です。

Next closed day is 2nd(Thu) and 6th(Mon) June. [Irregular holidays]

 

7月5日()OPEN12:00 CLOSED18:00 ※昼飲み・早開け早仕舞い

7月6日(月)もお休みをいただきます。休みが連続いたしますので、ご注意ください。

【営業再開】6月1日(月)より 当面の間 17:00〜23:00

 

 

■このあとのお休み

  • 7月14日(火) ※予定

 

当店は札幌中心街ではなく、狸小路の外側にあるため、極端に人の流れがない場合に早仕舞いしていることがあります。 他のビアバーを絡めたパブクロールの1軒としてご来店の場合は、お気持ち早めのご来店をお願いいたします。

 

突然の営業時間変更(早開け・早仕舞い)の場合、Facebook, Twitter でのみ告知いたします。ご来店前にご確認お願いいたします。


公式ページでの休店日告知 https://maltheads.net/free/closed

 

よろしくお願いいたします。

 

 

当店は【不定休】です。月3〜4日程度、お休みをいただいております。

  • 休みが決まり次第、このページ、ならびに Facebook, Twitter でご案内しております。
  • 休店の日付が当日でなければ、その日は営業しております。
  • 臨時休業(2日前〜当日に決まった休み)の場合は「Information(重要なお知らせ)」にも案内を出します。
  • 食関係のイベントのお手伝いに積極的に参加しております。金・土・日でも休むことがございますので、事前のチェックをお願いいたします。

 

6月21日(日)「夏至の昼飲み」 12:30〜18:30

6月21日(日)は「夏至の昼飲み」を開催します。
OPEN 12:30  CLOSED 18:30とします。

詳細はこちらを

https://maltheads.net/info/3354127

 

6月9日 7周年を迎えました

2013年に開店をしてから7周年となりました。

 

こんな異端のお店が7年も持つとは率直に悪運が強いと思っておりますが、その運を支えてくださっているのはまさに皆様のおかげです。どうもありがとうございます。

 

6月9日だったのは大安で日取りが良かったのもあるのですが、このアルバム『69/96』とのシャレにもなるから、という理由も大きいです。
1996年6月9日発売、カタログNo.69、トラック数96。
Cornelius、サブスク配信されるようになりましたが、これは未だに解禁されないですね(笑)。

 

(隣のビール「Yマーケット ヒステリックIPA」はジャケットのイメージに合わせた「映え」セレクトです。ラスト1本なので売切勘弁ください)

 

オンライン酒肆 「麦芽頭」第参回 5月23日(土)20:00〜 開催

オンライン酒肆 「麦芽頭」を開催します。平たく言えば、オンラインのMaltheads。5日の「第壱回」16日の「第弐回」に引き続きの開催です。

 

 

今回のテーマは「北海道のクラフトビール史」です。

1994年以降に創業されたマイクロブルワリーを対象とします。北海道は、2年前の酒税法改正で「ブルーパブ」創業ラッシュが起きるまでは、ビール醸造所数が日本一でした。現在でも20社を超えていますが、最大ではなんと40か所近くのブルワリーがありました。現役のブルワリーも含めて、こんなブルワリーがありました、というのを延々と流していきます。

今までは「講義」形式でしたが、今回は柔らかい感じで、みなさんとのやり取りを楽しみながら進めたいと思います。

 

■日時:5月23日(土)20:00〜22:00ごろ (前回と同じ時間・15分前ほどからオープンします)

■配信プラットフォーム:Zoom

 ※1 ご自身のカメラはオフで構いません。環境的にカメラがなかったり、部屋は散らかっていたりするものなので(笑)。発言も自由です。ラジオ的に聞くだけでもOK。

 ※2 Zoomログイン時の「名前」をこちらが認識できるものとしてください。通称を使う場合は、申込時に教えてください。

 

■参加費:無料
 ※セキュリティに配慮し、参加お申し込みの方にZoom会議室のIDとパスワードをお知らせします。

 ※当日はお酒を飲みながらどうぞ。当店のテイクアウト販売でご購入いただければなおありがたいです。

 

■申込方法:

事前にメールでお申し込みください(クリックでメールフォームへ飛びます)。
折り返し当日の参加方法を案内します。

件名 (Subject) は、「23日のオンライン参加希望」で結構です。

Zoomログイン時に本名と離れた名前を使う場合は、そのハンドル名を教えてください。

 

なるべく気を付けますが、開始直前のお申し込みは間に合わないことがあります。お時間に余裕をもってご連絡ください。できれば19時前に。

 

SNSメッセージで送る場合は、見落とし覚悟で送ってください。わりと見落とします。


 

■共同オペレーター:宮口晃一(ビアテイスター@Atta maruyama

オンライン酒肆 「麦芽頭」5月5日19:30〜 開催

オンライン酒肆 「麦芽頭」を開催します。平たく言えば、オンラインのMaltheadsです。

 

単なるオンライン飲み会では面白くないので、前半で「ビール純粋令」の話をします。

ドイツのビールをご用意していただけると楽しいと思います。もちろん、お酒は何でもOKです。

 

 

事前にテイクアウト販売「酒肆 麦芽頭」(しゅし もるとへっず)でお酒をお買い求めいただけると嬉しいです!

https://maltheads.net/info/3260335

 

 

■日時:5月5日(火・こどもの日)19:30〜21:30

■配信プラットフォーム:Zoom
 ※前半の解説中はビデオオフでも構いません(質問の際はオンにしてください)

■参加費:無料
 ※有料予定と告知していましたが、初の試みのため無料としました。その分、セキュリティに配慮します。

■申込方法:

事前にメールでお申し込みください(クリックでメールフォームへ飛びます)。
折り返し当日の参加方法を案内します。

SNSメッセージの場合は、Facebook が確実です。他のSNSの場合は、見落とし覚悟で送ってください。

 

■共同オペレーター:宮口晃一(ビアテイスター@Atta maruyama

 

 

【自粛休業&テイクアウト営業のお知らせ】4月25日(土)〜5月31日(土)

当Maltheadsも、COVID-19ウイルスによる休業要請に従い、以下のようにいたします。

 

期間:4月25日(土)〜5月6日(祝水)15日 31日
    1. 自粛休業
    2. 酒類のテイクアウト販売(不定営業)
 

2.についての開店もしくは休店の状況は、これまでどおりSNS(Facebook, Instagram, Twitter)で日々ご案内いたしますので、ご参照ください。

 

休店日や予定時間外ならば買える!という方は事前にメールでご相談ください(これが一番見落としません)。遠くにはおりませんので、柔軟に対応できる可能性があります。

 

詳しくは、公式ページの案内をご参照ください。

https://maltheads.net/info/3254873

 

 

「HOP KOTAN ORIGINALS」定番3種ボトル入荷

忽布古丹醸造(株)支援課のMaltheadsです。ああ、ついにこの日が…( つД`) と感慨深いです。

 

「HOP KOTAN ORIGINALS」定番3種ボトル、ついに入荷しました。
「upopo」ピルスナー、「nonno」ペールエール、「haskap」フルーツセゾンの3種です。

 

※現在「nonno」のみです。次回出荷は5月とのことです。

 

社長の直命通り(一昨日飲みに来たのです)、ラベルを表と裏の交互に並べております。

たしかにこうすると幾何学模様風になりメリハリが出ますね。ラベルデザインは相当緻密に練った、とも伺いました。

 

 

『ビール王国』2019年8月号の「北海道ビール今昔物語」でも店主が記事として書きましたが、ホップを保存性・利便性が高いペレットにした状態で使っています。地元で収穫しているのだからホールホップ(摘んだままの形態)の方がよい、と思われるかもしれませんが、ペレットにした方がよりきめ細かく味・香りのコントロールができるのだそうです。

 

そのホップはもちろん地元上富良野産ホップ100%。文字通りの「地ビール」です。

この「古い」言葉が、今また「新しい」ビールとして生まれ変わりました。

 

この忽布古丹のみならず、北海道のビールの未来をさらに盛り上げていきたいです。

 

クラウドファンディングで「支援課コース」で応援しました。

 

セントパトリックデーとウイスキー

本日3月17日はセントパトリックデーです。(以下、特典は17日当日のみ有効です)


アイルランドで5世紀にキリスト教を布教した聖パトリックの命日です。

アメリカにはアイリッシュ系の移民が多いこともあり、日本でもこのお祭りが知られています。シンボルカラーがシャムロックの緑色なので、この日のコードカラーは緑です。

 

本日はサムシンググリーンなら、席代(300円)をサービスします。

 

 

アイルランドと言えばギネス。ロンドンのポーターに対抗して開発された「スタウト」の元祖です。
そのギネスの発祥地に敬意を表してスタウトは10%オフ。

また、どの国のビール・スタイルでも緑色のラベルのビールは5%オフします。

 


そして、ウイスキーも実は「アイルランドが発祥地」とされることをご存じでしたでしょうか?


蒸留技術がアラブから北上して伝わったため、スコットランドよりもアイルランドに先に伝わった、とされています。
さらには今日の主役、聖パトリック御当人がもたらしたという伝説もあります。

 

ウイスキーには「Whisky」と「Whiskey」(「e」の有無)の二つのスペルがあります。

前者がスコットランド系のウイスキーで、「e」が入るのがアイルランド系のウイスキーです。

 

アメリカンウイスキーやカナディアンウイスキーはアイリッシュ系のものが多く「Whiskey」と綴られることが多いです。

一部のバーボンで「Whisky」と綴られているものがありますが、そこはスコッチをルーツに持つ蒸留所だとわかります。(ぜひ探してみてください)

 

われわれジャパニーズウイスキーはスコッチ系なので「Whisky」と綴ります。
いわゆる「世界5大ウイスキー」のなかで、極東のジャパニーズが突然「Whisky」となっているのは、とても興味深いお話です。

 

なぜそうなのかは、数年前からウイスキーに興味をお持ちでしたらいろんなテレビや本でわかりますよね。😉

 

当店はほとんど「Whisky」の品揃えですが、まったく「Whiskey」がないわけでもありません。

 

ケルトパンクの雄「ポーグス」の公式アイリッシュウイスキー。2003年創業のウエストコーク蒸留所のウイスキーです。
アイリッシュは基本がブレンデッドですが(スコッチのような「シングルモルト」はほとんどない)、この「ポーグス」ウイスキーはモルト原酒の比率が高いそうです。

 

本日はポーグスを500円でご提供します。

 

 

ポーグス、かっこいいですよ!
The Pogues - WILD CATS OF KILLKENNY(キルケニーのワイルド・キャッツ)

 

[NEWS] アードベックのモルトを使ったポーター

アードベックのピーテッドモルトを使ったポーター「ショーティースモーキーポーター」がイギリスのみで発売されるそうです。

 

https://foodanddrink.scotsman.com/drink/ardbeg-distillery-launches-its-first-ever-beer-as-part-of-brewgooders-global-clean-water-campaign/

 

ウィリアムズブラザーズブルーイングという醸造所で造ったそうです。
調べたら、アイラ島内ではなくローランドのブルワリーです。エディンバラからフォース川上流に遡ったあたりですね。

 

これは「世界水の日」のチャリティー用のビールで、残念ながら(?)イギリス国内のみの発売であるばかりか、とくに定番化されることはないようです。

 

近いようで意外と遠いのがウイスキーとビールの世界です。

 

「なんで?」と思うかもしれませんが、山崎のモルトを使ったプレモルとか、余市の樽を使ったスーパードライが出ないようなものかと(←とーっても雑な説明なので真に受けないでください😅)。

 

両者をまたがる愛好家は本当に少数派なんだな、ということです。お店をやってからやっとそのことに気づきました(笑)。そんなんで、よく6年もやってるものです。

 

さて、アードベックとよく合うビールというのを、実は当店でも扱っています。ここで書くのは憚られれるので、どうぞお尋ねください。

 

12345>|next>>
pagetop