August 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

9月10日(日)「BEER HOUR in SAPPORO」 開催

9月10日(日)、ビールの魅力を多面的に学べるプログラム「BEER HOUR ビアアワー in SAPPORO」を開催します。

 

地ビール・クラフトビールだけでなく、ビールそのものが改めて注目を浴びるようになってきました。「クラフトビールってなに?」というテーマから、ニュースでビールそのものや業界の振り返り、そしてビアジャッジの勉強会まで、3つのプログラムを1日で開催します。

 

開催日: 2017年9月10日(日)

  • 第1部:「クラフトビール1年生」 13:00〜14:15 
  • 第2部:「2017年びあけん勉強会」 14:30〜16:00
  • 第3部:「ビアジャッジ勉強会」 16:30〜18:00 

どの部からでも、一つだけから参加できます。
 


 

■各部概要

[第1部]「入門プログラム―クラフトビール1年生―」

 「クラフトビールとは何か」という根本的な問いから出発して、その魅力を確かめていきます。既に慣れている方も楽しめる内容です。第1部に興味があるようなビール好きの方で、楽しさを伝えたい方がいれば、ぜひお誘いください。

 「クラフトビールとは何か」「クラフトビールの多様性」「ビアスタイルという便利な道具」「家でクラフトビールを楽しむ方法」といった話題を提供します。

 

[第2部]「2017年びあけん勉強会」14:30〜16:00

The Japan Beer Times上級記者を務める熊谷陣屋氏が、ビールに関する直近1年のニュースを選んで解説し、毎年出題されてきた時事問題の勉強に役立ててもらいます。その後Maltheadsの坂巻紀久雄氏が全体的な勉強方法を紹介します。2週間後に控えた試験の前のまとめとしてだけでなく、最新の動向を知るのにも活用できます。

 

[第3部]「ビアジャッジ勉強会」16:30〜18:00 

 日本地ビール協会(クラフトビアアソシエーション)認定の「ビアジャッジ」の方のほか、今後資格の取得を検討している方向け(資格の有無は問いません)。審査会と同じ条件で模擬審査をします。 (この部のみ、ビールの実飲があります)

 

 

■詳細

開催日: 2017年9月10日(日)

場所:Maltheads (モルトヘッズ) (札幌市中央区南3条西8丁目 大洋ビルB1

 

参加費:

 第1部:1,000
 第2部:
1,500

 第3部:3,000円 (全3部通し参加の方は500円引)

 

定員: 第1部、第2部は20名。第3部は10名

 

どの部からでも一つだけから参加できます。定員に余裕があれば当日追加参加もOKですが、定員に達している場合はご容赦ください。

 

お申し込み方法

1)Maltheads 店頭での申し込み(最優先いたします)

2)E-mail: https://maltheads.net/contact (問い合わせフォーム)

  910日のイベント参加」というタイトルで、どの部に参加するかをメールしてください。

 

pdf Maltheadsニュース、1年生20170910 告知.pdf (0.15MB)

 

 

 

 

次のお休みのご案内: 8月24日(木)

次のお休みは 8月24日(木)  となります。
 

Next closing day is Aug. 24 (Thu)

 

 

 

 

よろしくお願いいたします。

 

https://maltheads.net/free/closed

 

■このあとのお休み

 

・9月1日(金)〜3日(日) は、3連休をいただきます。 I will be closed on Sep.1-3 (3days off)

 


 

 


 

当店は【不定休】です。
 ●月3〜4日程度、お休みをいただいております。休みが決まりましたら、このブログ、ならびに Facebook, Twitter でご案内しております。
 ●休みが決まり次第公表してますので、ご覧になった日付が過去であれば、その日は営業しております。

バーンサイド・イエイ・セイヤー・セゾン 開栓

バーンサイド・イエイ・セイヤー・セゾン樽生 Burnside Yay-Sayer Saison (Draught)

(アメリカ オレゴン州ポートランド)

札幌の姉妹都市、ビール天国ポートランド市のクラフトビール。

ベルギー発祥の「セゾン」スタイル。ホップのストレートな苦みと、酵母の厚みのある香りが特徴。度数は高めながらも「夏向き」の味わいです。

 

アルコール6.5%  ビアスタイル:アメリカン・セゾン

 

小樽ワイナリービール 天使の雫 樽生

小樽ワイナリービール 天使の雫 樽生 
Otaru Winery Beer “Angel Drops” (Draft)

 

「おたるワイン」の北海道ワインが造るクラフトビール。

ワイン用のナイアガラ種のブドウをブレンド。ビール自体もブドウのブレンドを前提とした造り(麹も使用)。

爽やかな甘みのビール。

 

20周年記念のために、はじめて樽詰めされました。当店含め、数店でしか提供されていません。

 

アルコール:5.0% スタイル:フルーツビール

 

 

サッポロ・エーデルピルス 樽生

サッポロ・エーデルピルス 樽生

(サッポロビール 那須工場)
 

東欧のビールをモチーフとしたピルスナーで、「高貴なピルスナー」という意味。

大手メーカーの主要製品の樽生では、最も苦味が強いビール。通常の3倍の量のホップを使用。

 

 

清田区20周年ビール「LAT43」の発酵具合

月と太陽ブルーイングとの共同制作、清田区20周年ビール「LAT43」の発酵具合を見てきました。
http://www.city.sapporo.jp/kiyota/20th/craftbeer.html

 

糖化〜酵母投入までの「仕込み」は何度も経験がありましたが、今回のように発酵の管理まで踏み込んで見たのは実は初めてで、大変勉強になりました。
滝川クラフト工房のビールの仕入れもしてきましたので、話を聞きたい方はぜひ。

 

次の休みは25日(火)です。

 

 

 

ノースアイランド・ウィート ホップ 樽生

ノースアイランド・ウィート ホップ 樽生 (江別市)

North Island “Wheat Hop Jucie” (Draught)

 

江別市のノースアイランドの限定ビール。

江別産小麦ハルユタカ使用のアメリカン・ウィートエールです!

アマリロ、シトラ、モザイクの3種のホップを贅沢に使用。

ニューイングランドIPA風の使用法で濁りを付け、

ホップのフルーティ&トロピカルな香りとジューシー感が楽しめます。

 

アルコール 4.5%  スタイル:アメリカンウィートエール  IBU:18

 

 

志賀高原NEW ENGI-LAND IPA  樽生

志賀高原NEW ENGI-LAND IPA  樽生 Shiga Kougen

  (長野)  

スタイル:ニューイングランドIPA

 

バレンシアオレンジを思わせる柑橘系の香りに、トロピカルで甘やかなフルーティーさが加わった、みずみずしくジューシー柔らかな飲み口。

今年オープンした直営店「THE FARMHOUSE」の OPEN記念であり、醸造元玉村本店の清酒「縁喜」にもちなむネーミングです。

 

お詫び & サッポロパーフェクトクラシック 開栓

フォレスト→清田区20周年ビール「LAT43」仕込みによる臨時休業→「SAKEパラ縁日」出店(これは半年前からの約束でした)

 

と連続しまして、今月はなんと今日までに8日間しかお店を開けられていませんでした。大変申し訳ございませんでした。

 

 

本日(16日)はもちろん、9日目の営業をします。次は25日(火)くらいまでは休まないつもりです(倒れない限りね)。

 

 

今日は、パーフェクトクラシックです。

 

【臨時休業】7月13日(木)はお休みをいただきます

【臨時休業】7月13日(木)はお休みをいただきます

7月13日(木)は21:00開店とさせていただきます。

 

「清田区20周年記念オリジナルビール」

を仕込んでおります。

http://www.city.sapporo.jp/kiyota/20th/craftbeer.html

回線が遅く、FBを更新できませんでした。

 

何卒よろしくお願いします。

 

 

12345>|next>>
pagetop